ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

加藤雄太展 -時は寄る辺のない海にも似て-


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_21261649.jpg

今日は、今はなくなってしまったDoblog というブログサービスを通じて知り合った若手の日本画家、加藤雄太さんの個展「時は寄る辺のない海にも似て」を観に行って来ました。

f0117059_21333960.jpg

加藤さんは「時」をテーマに精力的に創作活動を続けていますが、今までの作品とはモチーフが大きく変わっていました。今回展示の作品群は、加藤さんにとって最初の大きなターニングポイントになるような気がします。

f0117059_21293250.jpg

岩絵具で描かれた加藤さんの作品を観ると、過去から未来へとつながる「時」の大海原に自らが漂っているような感覚を覚えます。今後どのように進化/深化していくのか、大いに楽しみです。

『加藤 雄太 展 —時は寄る辺のない海にも似て—』
 2010年9月27日(月)~10月2日(土)
 11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
 会場:ガレリア・グラフィカ bis
     東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル1階
     Tel.03-5550-1335

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2010-09-27 22:03 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(2)
Commented by デュエット at 2010-10-03 00:30 x
私はツイッターで加藤さんをフォローしていたので、本日最終日に伺いました。 まさか阪口さんとここで繋がるとは・・・ 世の中は狭いです。
舟も良かったけれど、灯台(一番下写真の右)も良かったです。 欲しかったな~
Commented by pinholephoto at 2010-10-07 17:37
デュエットさん、本当に世間は狭いですね。加藤さんの絵は私も好きで今回で3回目の個展見学です。舟が好き派と灯台が好き派に分かれるのも面白いと思います。
遅くなりましたが、暑い中8月の個展においでいただきどうもありがとうございました。
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31