ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

フェルメール≪地理学者≫とオランダ・フランドル絵画展


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_2054767.jpg

今日は、渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている、「フェルメール≪地理学者≫とオランダ・フランドル絵画展」を観に行きました。フランクフルトにあるシュテーデル美術館が工事中のために実現した絵画展で、17世紀オランダ絵画とフランドル絵画のコレクションから95点が展示されています。展示されている歴史画、肖像画、風俗画、風景画、静物画などの作品を観ることで、17世紀オランダ・フランドル絵画を概観することができるようになっています。

フェルメールの作品が1点だけ展示されていて、その「地理学者」を目当てに来場する人も多いのではないでしょうか。解説を読んで、画面に描かれている地球儀、地図、ディバイダー、日本の着物風の服、デルフト焼きのタイルなどにも興味を引きつけられました。

今日の写真は、2007年にシュテーデル美術館を訪れたときに撮った「地理学者」です。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2011-03-09 20:39 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(2)
Commented by T.S at 2011-03-15 07:37 x
オランダ人画家の日常生活を描いた絵が好きです。被災し苦しんでいる人たちを傍目に申し訳ないのですが、出来れば見に行きたかった。こんな機会は二度とないでしょうね。
Commented by pinholephoto at 2011-03-15 08:53
私も日常生活を描いたユーモラスな風景画が好きです。平凡な日常生活が送れていることのありがたさを感じています。
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31