ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

記憶の糸を紡ぐ 震災・戦争・女 富山妙子作品展&講演会 慶應義塾大学 2012年5月


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_20555641.jpg

今日は慶應義塾大学の新入生歓迎行事の1つとして開催されている、画家の富山妙子さんの作品展&講演会に行ってきました。1921年神戸に生まれ、大連、ハルビンで少女時代を過ごした富山さんが、3.11の震災による津波と、その後の原発による事故をきっかけに制作した新作4点を含む作品が展示されています。1950年代には炭鉱をテーマに制作、60年代には船に乗ってアフリカ経由でラテンアメリカを訪れたり、中近東やアジアの国々を訪ね、70年代には金芝河の詩をもとに制作、80年の光州事件をテーマにした作品を発表したりと、常に社会的問題と向き合い、画家はなんのために描くのか、美とは何か、を問い続けてきた作家です。その富山さんが、90歳にして初めて自分の作品に神を描いたそうですが、その意味なども聞かせてくれました。富山さんが語ってくれた90年の生涯は、1世紀近くにわたる近現代史そのものということもでき、示唆に富むものでした。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2012-05-12 21:31 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(0)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31