ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

甘川文化村 カムチョンムナマウル(3) 釜山市甘川洞 2017年3月 釜山の旅(2)


f0117059_23585844.jpg

甘川文化村 감천문화마을 にも、約8カ月ぶりに行ってきました。今回も都市鉄道(地下鉄)1号線の土城駅で6番出口を出て、釜山地域がんセンター近くのバス停から小型バスに乗りました。小型バスは、1-1番、2番、2-1番のどれに乗っても、甘川文化村に行くことができます。2016年7月に初めて訪れたときは、甘川文化村案内センターで2,000ウォンの地図を買い、スタンプを集めながら一通りの見どころを回りました。今回は2回目ということで、あちこち歩き回ることはせず、猫との遭遇を中心に楽しみました。

前回訪問時のブログ記事です。
甘川文化村 カムチョンムナマウル(1) 釜山市甘川洞 釜山の旅2016年7月 (1)
甘川文化村 カムチョンムナマウル(2) 釜山市甘川洞 釜山の旅2016年7月 (2)

f0117059_005047.jpg

地図を見ながら歩いている人がたくさんいます。

f0117059_011925.jpg

前回は雨が降っていたためか猫に会うことは少なかったのですが、今回は天気もよく、あちこちで猫たちに会うことができました。

f0117059_015599.jpg

猫は家の壁に描かれていたりもします。

f0117059_03254.jpg

公園は猫だらけでした。

f0117059_035360.jpg

この路地の光と色と猫は、ヨーロッパの路地裏を歩いているのではと錯覚させられるものでした。

f0117059_043312.jpg

壁の色が印象的でした。

f0117059_045959.jpg

街の雰囲気と合っていていい感じの車が停まっていました。

f0117059_051937.jpg

人生経験が豊富そうな顔の猫です。

f0117059_055290.jpg

スタンプラリー終着点のコミュニティーセンター屋上では、紙飛行機を飛ばしていました。

f0117059_061641.jpg

路地裏を歩くのは、予期しない発見があったりして楽しいものです。

f0117059_063872.jpg

甘川文化村は、坂と階段の街でもあります。

f0117059_07255.jpg

住んでいる人は大変そうですが、観光客にとっては何度訪れても楽しめる街だと思います。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2017-05-13 01:14 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30