ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

マリー・アントワネットとメルクの修道院 オーストリア Pinhole Photography


f0117059_1936418.jpg

あさってからの3連休、ギャラリーに行ったり撮影したりして過ごしたいと思っています。どこへ行こうかな。

今日の写真は2005年の夏、ドナウ川沿いのヴァッハウ渓谷にある中世の町、メルクで撮りました。中央奥に見える建物は、マリー・アントワネットがウィーンからパリに向かう途中で滞在した修道院です。

ヨーロッパを旅していると、自転車で旅行している人をよく見かけます。列車には自転車旅行者用の車両が連結されていたり、町によっては地下鉄に自転車を持ち込むことが出来たり、車道と歩道の間に自転車専用道があったりと、自転車に優しい環境が整っており、うらやましく思います。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2007-02-08 20:42 | ピンホール写真館(海外) | Comments(2)
Commented by hiro* at 2007-02-12 15:48 x
先日はコメントありがとうございました。
作品を見せて頂いて、改めていい色だなと感じました。
自転車に乗った人物のブレ具合も心地よく、魅力的なスナップだと思います。
下の桜も素敵ですね。光輪の輝きが燦々と降り注ぐ日差しのようです。
また遊びに来ます!
Commented by pinholephoto at 2007-02-12 21:47
hiroさん、こんばんは。
ピンホール写真を見ていただき、ありがとうございました。
ピンホールだと1枚撮るのに何十秒もかかりますよね、とよく言われますが、今使っているカメラだとスナップ写真も撮れます。
ブレをうまく生かすことが出来れば、動きを感じさせる写真が撮れるのですが、ブレすぎると訳の分からない写真になってしまいます。
ネガカラーは、技術の確かな人にプリントしてもらうと、とてもきれいな色が出ると思います。
これからもよろしくお願いします。
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31