ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

春のカトリック山手教会 横浜 Pinhole Photography


f0117059_1920405.jpg

横浜山手にあるカトリック山手教会の門柱と聖堂のピンホール写真は、このブログですでに公開しました。今日の写真は、2007年4月7日に撮影した、マリア像の近くに立つ木とその木の枝から落ちた花びらです。私は植物の名前についての知識がほとんどなく、桜だと思い込んでいたのですが、実際には全く別の木のようです。写真を撮っているときに、通りかかった男性にこの木の名前を教えていただいたことがあるのですが、その名前が記憶として定着しませんでした。どなたかお分かりの方がいらっしゃったら教えてください。

美術展見学
 4月29日 昭和の気品、横浜の洋画家「木下孝則展」(横浜美術館
 4月29日 カヅキ・武井啓泰・高田健弘・原木悠「4人展」(みなとみらいギャラリー)

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2008-04-29 19:25 | ピンホール写真館(国内) | Comments(4)
Commented by ほんだ at 2008-05-11 09:17 x
初めてコメントさせていただきます。とても奇麗な写真が多く、どんなカメラと使ってらっしゃるのかととても興味がわきました。
この写真も光の当たり方がすごくいいなと思いました。また、お邪魔します。
Commented by pinholephoto at 2008-05-11 09:36
ほんださん、ようこそいらっしゃいました。
おほめの言葉ありがとうございます。
このブログで紹介しているような写真が撮れるのは、小室三喜雄氏が設計・製作している「穴ガメ」という穴の精度が大変優れているカメラのおかげです。
このブログでもリンクしている「ピンホール倶楽部」のサイトをご覧になって下さい。
Commented by ほんだ at 2008-05-13 22:53 x
穴ガメ見ました。写真もすごくいいですが、値段もいいですね。やっぱりピンホールは穴の精度なんですねー。勉強になりました。
Commented by pinholephoto at 2008-05-14 20:33
そうですね。でも普通のカメラと違って、ピンホールカメラにはレンズが必要ないので、追加投資がいらないというところはお得だと思います。
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30