ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:海外旅行と旅の写真( 49 )

レオパレスリゾートグアム ラ・クエスタB棟 2016年6月 グアムの旅(3)


f0117059_20552976.jpg

今回宿泊したのは海からは遠く離れたレオパレスリゾートグアムのラ・クエスタB棟コンフォートツインです。建物の外観はかなりくたびれた感じですが、室内は改装されてきれいでした。

f0117059_20554938.jpg

この写真だとごく普通のツインルームに見えます。

f0117059_2056980.jpg

部屋の面積は49平米ということで、広々としています。

f0117059_20562895.jpg

今回は2泊3日なので使いませんでしたが、ミニキッチンもあるので長期滞在にはいいかもしれません。

f0117059_20564631.jpg

こんなものも置いてあります。

f0117059_2057374.jpg

テーブルと椅子の他にソファもあります。

f0117059_20572429.jpg

バスルームの広さは十分ですが、使い勝手はあまりよくありませんでした。

f0117059_20574627.jpg

用意されている石鹸やシャンプー類はこんな感じです。

f0117059_2058647.jpg

部屋のベランダからはゴルフ場が見えます。

f0117059_20582317.jpg

プールサイドでのんびり一日過ごすのは10数年ぶりのことです。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-07-10 21:25 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

DL608便とDL607便の機材と機内食 デルタ航空 グアムの旅 2016年6月(2)


f0117059_1624927.jpg

25年ぶりのグアム行きで利用したのがデルタ航空です。これは帰りに乗ったDL607便が成田空港に到着したところです。

f0117059_16243295.jpg

これは行きに乗ったDL608便の機内です。機材はBoeing757-200(75G)という169人乗りの小さな飛行機です。ファーストクラス20席、デルタ コンフォート プラス21席、メインキャビン128席です。エコノミークラスだけでなく、ファーストクラスの座席にもモニターがありません。

f0117059_16245490.jpg

エコノミークラスの前方21席がデルタ コンフォート プラスというシートピッチが少し広い座席になっています。この機材でのエコノミーの通常のシートピッチが76~81センチのところ、最大で約10センチ広い86センチになっています。

f0117059_16251217.jpg

前方に見えるのがファーストクラスです。ファーストクラスと言ってもデルタ航空のグアム線の場合、「グアム、サイパン、パラオの短距離リゾート路線では、デルタ・ワン(ビジネスクラス)ではなく、米国国内線の上位クラスに準じる短距離国際線ファーストクラスのサービスになります。」ということなので、ビジネスクラスより下のサービスになります。

f0117059_16252914.jpg

行きのDL608便で出た軽食です。

f0117059_16254621.jpg

ラウンジで朝食を済ませたばかりだったので、これぐらいでちょうどよかったです。

f0117059_162825.jpg

窓の外を見ると南の島に向かっているのだなという気分になります。

f0117059_1626536.jpg

これは帰りのDL607便の軽食です。がっかりな内容です。

f0117059_1626265.jpg

グアムの空港のWi-Fiですが、入国審査を終えて出た到着ロビーでは使うことができませんでした。帰りに出国審査と手荷物検査を終えたところから搭乗口までのスペースでは、快適に無料のWi-Fiを利用することができました。

DL69便とDL578便の機材と機内食 成田ー桃園 デルタ航空 台北の旅 2016年12月(2)
KE2708便とKE2711便の機材と機内食 大韓航空 ソウル・仁川・水原 2016年11月(2) 
OZ1075便とOZ1045便の機内食 アシアナ航空 羽田空港 Sky Lounge Annex ソウル旅 2016年9月(1) 
NH853便と852便の機内食 春水堂のタピオカミルクティー 台北の旅 2016年4月(1)


このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-07-09 17:17 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

成田空港のデルタスカイクラブ グアムの旅 2016年6月(1)


f0117059_21523853.jpg

6月末に、二泊三日でグアムに行ってきました。25年ぶりの短い旅で、デルタ航空を利用するのは初めてのことです。成田空港にはデルタスカイクラブが2ヶ所ありますが、今回利用したのはサテライト1にあるラウンジです。

f0117059_21525573.jpg

グアム行き午前10時発のDL608便だったのですが、8時過ぎにはラウンジに着きました。入ったときは空いていましたが、間もなく席が埋まり始めました。

f0117059_21531526.jpg

ラウンジはそこそこの広さで席もたくさんあります。

f0117059_21533563.jpg

食べるものの種類は多くはありませんが、朝食には十分だと思います。

f0117059_2154025.jpg

小さな器に入っているお粥とカレーライスです。カレーライスは最初から盛ってあり、味はまずまずでした。

f0117059_21541771.jpg

野菜サラダがあるのはうれしいですね。

f0117059_21543596.jpg

パンも食べてお腹いっぱいになりました。

f0117059_21545347.jpg

デルタ航空のエコノミーの機内食にはあまり期待してはいけないので、ラウンジが利用できてよかったです。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-07-09 00:39 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

松山文化創意園区 台北の旅 2016年4月(4)


f0117059_224945.jpg

崋山1914文化創意産業園区を訪れた翌々日には、松山文化創意園区 Songshan Cultural and Creative Park に行きました。MRT板南線の国父紀念館駅または市政府駅から徒歩で行けます。

f0117059_22492145.jpg

1937年に建設された松山煙草工場の広大な跡地が、文化施設として生まれ変わりました。

f0117059_22493946.jpg

煙草工場当時の資料も展示されています。

f0117059_22495876.jpg

敷地内のバロック庭園です。庭園は緑が豊かで噴水もあります。

f0117059_22501941.jpg

訪れた日はそれほど暑くなく、気持ちよく散策することができました。

f0117059_22503849.jpg

歴史のある建物を見て回るだけでも十分楽しめます。

f0117059_22505618.jpg

日出印象珈琲館というカフェがあります。

f0117059_22511165.jpg

ここで食べたチーズケーキがとてもおいしかった。コーヒーが90元、チーズケーキは100元でした。

f0117059_22513152.jpg

長居したくなる雰囲気の良いカフェでした。

f0117059_22515644.jpg

広大なイベントスペースの一角では、国立台南大学視覚芸術與設計学系 Department of Visual Arts and Design の学生が制作した作品が多数展示されていました。

f0117059_22522237.jpg

見ごたえのある作品が多く、時間をかけて鑑賞しました。

f0117059_22524055.jpg

崋山1914文化創意産業園区と同様、とにかく敷地が広くて見どころが多いので、時間をかけてゆったりと見て回りたいおすすめの場所です。

台北の旅 2016年4月(1)NH853便と852便の機内食 春水堂のタピオカミルクティー 
台北の旅 2016年4月(2)KDMホテル 凱統飯店 自助餐の弁当 
台北の旅 2016年4月(3)崋山1914文化創意産業園区

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-06-24 23:45 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

崋山1914文化創意産業園区 台北の旅 2016年4月(3)


f0117059_1913213.jpg

ホテルにチェックインして荷物を置き、最初に行ったのがホテルから歩いて行ける崋山1914文化創意産業園区です。日本統治時代に造られた酒工場の跡地を改装し、酒蔵や倉庫として使われていた建物が、アートスペースやショップ、レストランになっています。暗くなってから行ったのですが、家族連れやカップルなどで賑わっていました。

f0117059_19293159.jpg

個性的なショップがたくさんあり、見ていて飽きることがありません。

f0117059_1914316.jpg

欲しいなと思うものがいくつもあったのですが、今回はぐっとこらえて何も買いませんでした。

f0117059_19142710.jpg

照明が効果的に使われていて雰囲気がいいので、暗くなってから訪れるのがいいかもしれません。

f0117059_19295379.jpg

家が上下逆さまになっているのには驚きましたが、反転世界 崋山顛倒屋 UPSIDE DOWN HOUSEという2016年7月22日までの期間限定の展示で、この家の中に入ることもできます。

f0117059_1916108.jpg

映画館もあり、観たいと思いながらまだ観ていない映画も上映していました。

f0117059_19163733.jpg

このカフェには高倉健の写真が何枚も飾ってあります。

f0117059_1916565.jpg

楽しそうで入ってみたくなるショップがたくさんあります。

f0117059_19172242.jpg

短い時間ですべてを見て回るのは難しいので、次回は昼間から足を運んでみたいと思います。

台北の旅 2016年4月(1)NH853便と852便の機内食 春水堂のタピオカミルクティー 
台北の旅 2016年4月(2)KDMホテル 凱統飯店 自助餐の弁当 
台北の旅 2016年4月(4)松山文化創意園区 

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-06-24 16:59 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

KDMホテル 凱統飯店 自助餐の弁当 台北の旅 2016年4月(2) 


f0117059_20401355.jpg

20年ぶりの台北で泊まったのは、松山空港からも近いMRT忠孝駅の出口3を出ると、すぐ目の前にあるKDMホテルです。建物はかなり古そうですが、室内はそれほど古さを感じさせません。部屋は15階のスーペリアツィンで一泊8,775円でした。

f0117059_20403226.jpg

部屋に金庫はありませんでした。

f0117059_2040555.jpg

シャワーのお湯はしっかり出ました。シャワーカーテンがあればよかったのですが。

f0117059_2275478.jpg

用意されている石鹸は、小さな固形石鹸でした。冷蔵庫には人数分のミネラルウォーターが入っていて助かりました。

f0117059_2041136.jpg

ホテルにチェックインした日のテレビでは、はなかっぱが放送中でした。

f0117059_2041335.jpg

ホテル近くの自助餐と書いてある店で買った弁当です。ご飯の上に食べたいおかずを指差して載せてもらいました。

f0117059_20415038.jpg

それぞれが100元で、味も量も満足できるものでした。自助餐の店は街のあちこちで見かけました。

台北の旅 2016年4月(1)NH853便と852便の機内食 春水堂のタピオカミルクティー 
台北の旅 2016年4月(3)崋山1914文化創意産業園区 
台北の旅 2016年4月(4)松山文化創意園区

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-06-21 21:21 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

NH853便と852便の機内食 春水堂のタピオカミルクティー 台北の旅 2016年4月(1)


f0117059_20341070.jpg

4月末のことなので記憶も曖昧になりつつあるのですが、1996年の年末から翌97年にかけて台湾を訪れて以来、約20年ぶりに台北に行ってきました。写真は台北の松山空港で出発を待つNH852便です。

f0117059_20343042.jpg

今年3月のソウルに続いて今回も羽田発の飛行機に乗りました。行きの便の座席は非常口の横だったので、足元に余裕があってよかったです。ただ気流が不安定で、久々にジェットコースターに乗った気分を味わいました。全日空の国際線に乗るのは、2009年にマカオに行ったとき、香港の往復で乗って以来2回目のことです。

f0117059_20344982.jpg

羽田発台北行きNH853便の機内食、紅鮭の彩り御飯です。エコノミークラスの機内食としては、十分満足できる内容でした。

f0117059_2035677.jpg

こちらは帰りのNH852便の機内食です。和食ではなくパスタにしてみました。

f0117059_20352893.jpg

台北の松山空港には春水堂があります。タピオカミルクティーが飲めて幸せな気分に。

f0117059_20354672.jpg

この麺とタピオカミルクティーで155元でした。日本の春水堂と比べると、お得感満載です。

台北の旅 2016年4月(2)KDMホテル 凱統飯店 自助餐の弁当 
台北の旅 2016年4月(3)崋山1914文化創意産業園区 
台北の旅 2016年4月(4)松山文化創意園区

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-06-15 21:12 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

韓国伝統茶とソウル街歩き 北村 西村 大学路 ソウル旅 2016年3月(8)


f0117059_22311232.jpg

ソウルの仁寺洞を訪れると必ずと言っていいほど入って一休みするのが水曜日(スヨイル)という伝統茶とコーヒーの店です。かぼちゃの甘酒を飲んだのですが、甘酒ともお茶とも違うけれど、かぼちゃの香りと味がするおいしい飲み物でした。写真に写っている赤いものは、凍らせた柿です。これが意外とおいしかったので、試してみたいと思います。

f0117059_2233078.jpg

違和感を感じることなく存在するソウルの街角に描かれている壁画です。

f0117059_22332531.jpg

大通りより路地を歩く方が発見があり楽しいですね。

f0117059_22335176.jpg

バイクは荷物を運ぶのに重要な役割を担っています。寒い季節には風除けが欠かせません。

f0117059_22341383.jpg

仁寺洞の猫です。

f0117059_22344122.jpg

仁寺洞の路地裏にある店で食べたプルゴギ定食です。二人前で1人1万ウォンでした。焼き魚もついていてお得感があります。

f0117059_223559.jpg

景福宮の西には西村と呼ばれる地域があります。李朝の時代には医官(医者)や画員(絵師)などが多く住んでいたということです。

f0117059_2237430.jpg

テンジャン(味噌)やカンジャン(醤油)などの大豆発酵食品のもとになるメジュが売られています。

f0117059_2235273.jpg

写真の女性はヤクルトの製品を売っているヤクルトレディです。韓国でもよく見ますが、オランダでも見たことがあります。

f0117059_22382386.jpg

大学路の店で牛シャブランチを食べました。二人前の肉です。

f0117059_22384342.jpg

野菜がたっぷり入っている鍋に肉を入れます。

f0117059_2239389.jpg

肉がなくなったら麺とご飯を入れて食べます。1人1万ウォンでした。

ソウル旅 2016年3月(1)大韓航空の機内食と金浦空港のKALラウンジ
ソウル旅 2016年3月(2)現代レジデンス ソウル市中区忠武路5街 
ソウル旅 2016年3月(3)ソウルの地下鉄駅 自動改札機とホームドア
ソウル旅 2016年3月(4)梨花洞壁画村 駱山プロジェクト 路上美術館 
ソウル旅 2016年3月(5)北村の韓屋 北村展望台からの眺め 
ソウル旅 2016年3月(6)世宗大王銅像と世宗物語 光化門広場と世宗文化会館
ソウル旅 2016年3月(7)景福宮と国立民俗博物館  

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-04-12 23:43 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

景福宮と国立民俗博物館 ソウル旅 2016年3月(7)


f0117059_1026623.jpg

ソウル観光の定番として欠かせないのが景福宮でしょうか。光化門の前は大勢の観光客でにぎわっていました。

f0117059_10263131.jpg

宮殿を守る守門将の交代儀式を見ることができます。守門将制度が整備された15世紀当時の軍人たちの服飾と武器、衣装をそのまま再現しているそうです。

f0117059_1026557.jpg

勤政殿は景福宮の正殿で、朝鮮時代初期から歴代の国王の即位式や朝賀を行ったところです。

f0117059_10271692.jpg

勤政殿の玉座です。歴史ドラマでよく見ますね。

f0117059_10273863.jpg

景福宮の隣には国立民俗博物館があります。韓国人の生活、民俗、文化がわかる展示を見ることができます。

f0117059_1028721.jpg

これは巫堂(ムーダン)の儀式の様子でしょうか。

f0117059_10283088.jpg

昔の民家なども再現されています。

f0117059_10285588.jpg

医学に関するコーナーもあります。

f0117059_10292465.jpg

鍼のツボがわかるように作られた人形です。

f0117059_10294325.jpg

入館料無料の国立民俗博物館は見どころ満載で、屋外には1970~80年代の街が再現されていますが、残念ながら今回は屋外展示を見ることができませんでした。次回以降の楽しみに取っておきます。

ソウル旅 2016年3月(1)大韓航空の機内食と金浦空港のKALラウンジ
ソウル旅 2016年3月(2)現代レジデンス ソウル市中区忠武路5街 
ソウル旅 2016年3月(3)ソウルの地下鉄駅 自動改札機とホームドア
ソウル旅 2016年3月(4)梨花洞壁画村 駱山プロジェクト 路上美術館 
ソウル旅 2016年3月(5)北村の韓屋 北村展望台からの眺め 
ソウル旅 2016年3月(6)世宗大王銅像と世宗物語 光化門広場と世宗文化会館 
ソウル旅 2016年3月(8)韓国伝統茶とソウル街歩き 北村 西村 大学路 

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-04-11 10:57 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

世宗大王銅像と世宗物語 光化門広場と世宗文化会館 ソウル旅 2016年3月(6)


f0117059_2275374.jpg

景福宮の光化門前にある光化門広場には、世宗大王の銅像があります。世宗(セジョン)は朝鮮王朝第4代の王(1397-1450)で、ハングルを創製し、科学の発展に尽くしました。絶対音感の持ち主でもあったそうです。

f0117059_2212384.jpg

世宗大王像の前には渾天儀(こんてんぎ)のレプリカがあります。1万ウォン紙幣の表には世宗の肖像が、裏には渾天儀が描かれています。

f0117059_22122922.jpg

世宗大王像の裏には、セジョンイヤギ(世宗物語)の入り口があります。世宗大王の生涯と業績がわかる展示館が、光化門広場の地下に広がっています。

f0117059_2212526.jpg

世宗大王がなぜ学者たちにハングルを作らせたのかから始まり、完成に至るまでの過程が人形を使ってわかりやすく説明されています。

f0117059_2213513.jpg

訓民正音諺解本です。1446年に公布された訓民正音がハングルと呼ばれるようになったのは、20世紀になってからのことです。

f0117059_22141369.jpg

世宗物語は展示面積が2,500平方メートルと広く、世宗大王の生涯、政治、ハングル創製、科学と芸術、軍事政策などの業績やエピソードを知ることができます。

f0117059_22143978.jpg

世宗は王立天文台である簡儀台を作るなど、天文学の発展にも力を入れたそうです。

f0117059_2215460.jpg

ハングルを題材にした作品も多数展示されています。

f0117059_22152585.jpg

世宗物語の隣、世宗文化会館の地下には李瞬臣物語という展示館があります。展示面積は1,700平方メートルで、亀甲船のレプリカも展示されています。どちらも見ごたえのある展示です。

f0117059_22154430.jpg

世宗物語と李瞬臣物語は、世宗文化会館の施設です。その世宗文化会館にある韓国料理のレストランで食べたプルゴギです。見た目も味もすき焼きそのものといった感じでした。今回のソウル滞在中にプルゴギを4回も食べたのですが、見た目も味もすべて違っていました。

ソウル旅 2016年3月(1)大韓航空の機内食と金浦空港のKALラウンジ
ソウル旅 2016年3月(2)現代レジデンス ソウル市中区忠武路5街 
ソウル旅 2016年3月(3)ソウルの地下鉄駅 自動改札機とホームドア
ソウル旅 2016年3月(4)梨花洞壁画村 駱山プロジェクト 路上美術館 
ソウル旅 2016年3月(5)北村の韓屋 北村展望台からの眺め
ソウル旅 2016年3月(7)景福宮と国立民俗博物館 
ソウル旅 2016年3月(8)韓国伝統茶とソウル街歩き 北村 西村 大学路

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-04-09 23:58 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29