ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ピンホール写真館(海外)( 65 )

ハイリゲンシュタットの聖母子像 ウィーン Pinhole Photography


f0117059_16382554.jpg

今日のピンホール写真は、2010年1月にウィーンのハイリゲンシュタットで撮った「雪の日の聖母子像」です。ハイリゲンシュタットにはベートーベンゆかりの建物も多く、ベートーベンが遺書を書いたとされる家も資料館として残されています。この写真の道を、ベートーベンも歩いたことでしょう。

Heiligenstadt, Wien
Camera: Anagame 27Tr(pinhole camera)
Exposure Time: 2 seconds
Film: Fuji Pro 800

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2012-10-22 16:48 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

パブの看板 スウェーデンのマルメ Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_18223891.jpg

久しぶりのピンホール写真です。2009年6月に、スウェーデンの港湾都市マルメで撮ったパブの看板です。デンマークのコペンハーゲンのホテルに滞在したのですが、2000年に完成した橋のおかげで、マルメまでは列車に乗って行くことができます。3時間ほど歩きまわって撮った1枚です。

Malmö, Sweden
Camera: Anagame 27Tr(pinhole camera)
Exposure Time: 1/4 second
Film: Fuji Pro 800

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2012-10-19 18:45 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

孤高の黒猫 Gosler, Germany ゴスラー Pinhole Photography


f0117059_20535277.jpg

今日のピンホール写真「孤高の黒猫」は、2007年5月にドイツのハルツ地方にあるゴスラーで撮りました。木組みの家をバックにポーズを取ってくれたこの黒猫は、この位置で4カットも撮らせてくれました。木組みの家が並ぶゴスラーの歴史的な町並みは、世界文化遺産に登録されています。この写真は、2011年のコニカミノルタプラザでの写真展のDMに使いました。

Gosler, Germany
Camera: Anagame 27Tr(pinhole camera)
Exposure Time: 1/4 second
Film: Fuji Pro 800

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2012-05-03 21:07 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

窓辺の小さな猫 ヴェルニゲローデ ドイツ Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_20451218.jpg

ドイツのハルツ山麓にある小さな町、ヴェルニゲローデで撮ったピンホール猫写真です。木組みの家が並ぶ裏通りを歩いているときに発見、窓の近くに三脚を置くと恐怖で一瞬体が動かなくなったようでした。シャッターを切った直後に部屋の中に入ってしまいました。
ヴェルニゲローデにはハルツ狭軌鉄道の駅があり、SLに乗るとゲーテの「ファウスト」にも出てくるブロッケン山の山頂に行くことができます。

Wernigerode, Germany
Camera: Anagame 27Tr(pinhole camera)
Exposure Time: 1/2 second
Film: Fuji Pro 800

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2012-04-02 20:53 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

神話の世界 ウィーン オーストリア Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_2116257.jpg

3月17日に始まった「四谷写真塾 第6回合同展」が、昨日最終日を迎えました。余震が続き、原子力発電所も予断を許さない状況の中、多くの方においでいただきどうもありがとうございました。これからも前向きに写真生活を続けていきたいと思います。

今日のピンホール写真は、ウィーンで撮った「神話の世界」です。

写真展見学
 3月24日 中村治写真展「HOME」(新宿ニコンサロン)
 3月24日 「武蔵野美術大学映像学科写真コース」(ニコンサロンbis新宿)
 3月24日 中野智文写真展「Re:Shanghai」(コニカミノルタプラザ)
 3月24日 加瀬健太郎写真展「子どもの宇宙」(コニカミノルタプラザ)
 3月24日 大石芳野写真展「それでも笑みを」(コニカミノルタプラザ)

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2011-03-24 21:24 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

シャルトルの影のように見える黒猫 フランス Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_11484345.jpg

昨年のコニカミノルタプラザでの個展「時の旋律」では、展示した42点のうち8点が猫写真でした。街中で猫を発見するとどうしても撮りたくなってしまうので、猫写真がどんどん増えていきます。

今日紹介するピンホール写真は、2008年の2月に、大聖堂で有名なフランスのシャルトルの路地裏で撮りました。この写真をご覧になった方からは、猫の影ですかという質問を多くいただきました。光量が十分でなく露光時間が1秒ほどだったため、被写体ブレで影のように見える写真になりました。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2011-03-04 12:08 | ピンホール写真館(海外) | Comments(6)

コペンハーゲンの運河 København, Denmark デンマーク Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_1863263.jpg

今日は久しぶりに海外で撮ったピンホール写真の紹介です。2009年の6月に、ドイツを中心にヨーロッパ6カ国を回る撮影旅行に行きました。最後に2泊したのがデンマークのコペンハーゲン、駆け足で市内を回り、お隣にあるスウェーデンのマルメにも足を延ばしてきました。

今日のピンホール写真は、コペンハーゲンの運河ニューハウンで撮りました。運河沿いに並んでいるカラフルな色の建物に魅了されました。

写真展見学
 1月13日 ジョージ・スタインメッツ写真展「World Explorer」(コニカミノルタプラザ)
 1月13日 清水哲朗写真展「イネーフ~Mongolian Smile」(シリウス)
 1月13日 本山周平写真展「日本」(ギャラリー蒼穹社)
 1月13日 Sigrid Thorbjørnsen写真展「Peaceful Mind」(PLACE M)
 1月13日 今尾偲写真展「残像」(M2)
 1月13日 高西知泰写真展「has gone」(Roonee 247 photography)
 1月17日 前田和彦・酒井由紀代写真展「海の中でのSmile & Cute」(FM Salon)
 1月17日 神村大介写真展「METROPOLIS東京画像」(銀座ニコンサロン)
 1月17日 「薔薇図鑑展」(IBIS MINI GALLERY)
 1月17日 第24回日本写真家連盟展「四季の彩り」(富士フイルムフォトサロン)
 1月22日 稲田喬晃写真展「ПРОСПЕКТ ГАГАРИНА 33」(オリンパスギャラリー)
 1月22日 第1回日本リンホフクラブ写真展「日本の輝ける風景」(Portrait Gallery)
 1月26日 ジョナサン・トーゴヴニク写真展「ルワンダ ジェノサイドから生まれて」(銀座ニコンサロン)

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2011-01-26 18:15 | ピンホール写真館(海外) | Comments(4)

ネルトリンゲンの猫 Nördlingen, Germany ドイツ Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_21111389.jpg

新しい年2011年が始まりました。昨年2010年には、個人的には大きなことが2つありました。1つは約3年ぶりとなるピンホール写真の個展ができたこと、もう1つは初孫が誕生したことです。2011年は昨年よりも更に厳しさが増す1年となりそうですが、さて、どんな年になることでしょうか。今年もよろしくお願いします。

今日のピンホール写真は、2009年6月にドイツのネルトリンゲンで撮った猫写真です。

◇昨年2010年にピンホール写真を展示した記録をまとめておきます。
  展示をご覧いただいた皆様、どうもありがとうございました。 
 『猫・ねこ 写真展』
  2月11日~23日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『光・風・灯 展』
  2月26日~3月4日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『四谷写真塾 第5回合同展』
  3月18日~24日 Portrait Gallery(四谷)
 『第49回富士フイルムフォトコンテスト入賞作品発表展』
  3月26日~4月1日 富士フイルムフォトサロン東京(六本木)
 『時の旋律』 個展
  7月31日~8月10日 コニカミノルタプラザ ギャラリーB(新宿) 

◇今年2011年の展示予定は4回です。
2月には、横浜山手のギャラリーで開かれる企画展、『第2回 猫・ねこ写真展 Part 1』に参加します。
3月には、毎年恒例の『第6回 四谷写真塾合同展』に参加します。
8月には、ピンホール写真の個展を昨年に続いて新宿のギャラリーで開催することになりました。
11月には、約3年ぶりとなる第2回ピンホール倶楽部展に参加します。

美術展、写真展見学
 12月27日 「モネとジヴェルニーの画家たち」(Bunkamura Museum)
 12月27日 羽幹昌弘写真展「とうもろこしの人間たち」(銀座ニコンサロン)
 12月28日 秋山英治写真展「地球の息吹 富士彩々」(相鉄ギャラリー)
 
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2011-01-01 21:37 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

コルマール アルザス地方 Colmar, Alsace フランス Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_21452733.jpg

今日も青梅にピンホール写真の撮影に行って来ました。11月以降で何と4回目です。来年の8月に、青梅で撮った写真で個展をやることになりました。当初考えていたよりも広い会場を使わせていただくことになり、少しばかりあわてていますが、満足できる写真は簡単には撮れないものですね。

今日のピンホール写真は、昨年の6月にフランスのコルマールで撮りました。コルマールはアルザス地方にあり、ドイツ風の木組みの家がたくさん見られます。街中を運河が流れており、「小さなヴェニス」とも呼ばれているそうです。

以前このブログで、13世紀の修道院の建物を利用したウンターリンデン美術館の写真を紹介しましたが、今日はおまけ画像として、コルマールで泊まったホテルの写真を何枚か載せます。

f0117059_21521753.jpg

ルクセンブルクから国際列車ECに乗ってコルマールの駅に着きました。ガイドブックに載っていた駅から近くて安いホテルに行ったところ、満室とのこと。それからあちこち歩き回って探したのですが、お手ごろ価格のホテルを見つけることができず、結局Hotel le colombierに泊まることにしました。1泊朝食なしで何と105ユーロ、高すぎる。エレベーターのない屋根裏部屋の28号室です。

f0117059_21542339.jpg

室内はすばらしいのですが、重い荷物を持ってやっとのことで部屋のドアを開けると、何と目の前にこの螺旋階段が。階段の下は真っ暗なので、スーツケースを持って登るのはかなりきつかった。

f0117059_21532931.jpg

このアングルだと、室内庭園のように見えます。

ホテルは前もって予約しておけばいいのですが、大体の行程しか決めずに出発することもあり、ホテル探しで苦労することもありますが、それも旅の楽しみでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2010-12-04 22:04 | ピンホール写真館(海外) | Comments(2)

アントワープの夏の光 Antwerpen, Belgium ベルギー Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_11501850.jpg

今日の写真は、2007年7月にベルギーのアントワープ(アントウェルペン)で撮ったピンホール写真です。観光しながら街を歩いていると、夏の光で輝いて見える花が眼に入ってきました。カメラと花が接触するくらいの位置に三脚を置きました。強烈な斜光線をまともに受けながらの撮影で、目をしっかり開けることもできなかったため、撮影時にはこの写真に写っている映像はほとんど見えていませんでした。結果的に、カラーピンホール写真の特徴がよく出た写真になったのではないかと思います。

写真展見学
 7月10日 写真集団・北斗「今、そこに注ぐ視線Ⅱ」(アイデムフォトギャラリー「シリウス」)
 
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2009-07-11 11:48 | ピンホール写真館(海外) | Comments(2)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31