ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ピンホールカメラで時の流れを写し撮る ケルントナー通り Pinhole Photography


f0117059_20343580.jpg

この写真も2005年の夏、ウィーンのケルントナー通りで撮りました。

午後も遅い時間に近付いており、十分な光がある状態ではありませんでした。

通りの左右を歩く人たちの姿が、スローシャッターのために流れているのに、画面の中心に立っている男の子だけがじっとこちらを見ています。

わずか2秒か3秒の間ですが、時は確実に流れている中で、向かい合ってお互いを見ている撮影者と男の子だけが、時の経過とは無関係に存在しているような錯覚を覚えます。

ピンホールカメラは速いシャッターが切れないからと言ってしまえばそれまでですが、瞬間を切り取るだけでなく、時の流れも写し撮ることの出来るカメラなのだと言うことも出来るのではないでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2006-11-27 20:55 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

ストリート・スナップにはピンホールカメラが最適? ウィーン Pinhole Photography


f0117059_23343175.jpg

ピンホールカメラで写真を撮る時の必需品は、カメラを直接地面やテーブルに置くのでなければ三脚、それと露出計でしょうか。

今使っているカメラのシャッタースピードは快晴の屋外で8分の1秒なので、三脚は必需品です。露出計は内蔵されていないので、これも必需品です。

街中でスナップ写真を撮るのに、ピンホールカメラほど不向きなカメラはないように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか。

上の写真は、2005年の夏にオーストリアのウィーンで撮影したものです。

私の他にもう一人、一眼レフカメラで似顔絵を描いてもらっている男性を撮っている女性がいました。モデルの男性は、写真を撮られていることが気になる様子で、その女性に対して「モデル代もらうよ」というようなことを言って盛んに牽制していました。

その一方で、一眼レフで撮影している女性のすぐ横で、三脚を立てて同じように写真を撮っている私のことを気にしている様子は、全くありませんでした。

自分がモデルの男性の立場で考えてみると、突然自分に向かって見知らぬ人が、一眼レフカメラを構えてバシャバシャとシャッターを切ってきたら、いい気持ちはしないだろうと思います。ピンホールカメラの場合、レンズはないしファインダーもなし、シャッターもないため、それがカメラであると認識されないことも多く、写真を撮られていることに気付かないということもあると思います。

それに、ピント合わせの必要もありません。ピンホールカメラは、実はスナップ写真を撮るのに最も適したカメラなのではないか、と考えることも出来ると思います。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2006-11-23 00:32 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

個展の会場は「Art Gallery 山手」


個展の会場は、横浜山手にある「Art Gallery 山手」です。

今日は会場使用の申し込みに行ってきました。昨年の11月3日にオープンした明るくて素敵な雰囲気のギャラリーです。9月には、テレビドラマ「ダンドリ」(見たことがないのでよく分かりませんが)の撮影で使われたそうです。

Art Gallery 山手 -   (個展会場のサイト)

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2006-11-20 20:33 | 個展 「記憶の空間」 2007 | Comments(4)

ピンホール写真展の日程を決めました

横浜山手にあるギャラリーで、2007年11月22日から27日まで、ピンホール写真の個展を開催することになりました。

「いい夫婦の日」との関連はありません。

準備経過の記録を中心に、ピンホール写真(針穴写真)の紹介などを、このブログでやっていきたいと思います。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2006-11-19 23:36 | 個展 「記憶の空間」 2007 | Comments(0)

Profile プロフィール

阪口 智聡(さかぐち ともあき)
SAKAGUCHI Tomoaki

1958年 東京都中野区生まれ
2005年 国内外でピンホールカメラによるスナップ写真・風景写真の撮影を始める

Living in Yokohama, Kanagawa Prefecture, Japan.
Taking pinhole photographs inside and outside Japan.

ピンホール倶楽部所属

〇ピンホールカメラ / Pinhole Cameras
穴ガメ/Anagame 27TA(27Tr) : 穴直径0.2mm、焦点距離27mm、f/135
穴ガメ/Anagame 30SB : 穴直径0.2mm、焦点距離30mm、f/150

- 個展 -
2016年 記憶の町 那覇 フレームマン銀座サロン ギャラリーI(予定)
2011年 記憶の町 青梅 コニカミノルタプラザ ギャラリー C
2010年 時の旋律 コニカミノルタプラザ ギャラリー B
2007年 記憶の空間 Art Gallery 山手

- Solo Exhibitions -
2016 4th Exhibition "KIOKU NO MACHI NAHA", Frameman Ginza Salon, Tokyo
2011 3rd Exhibition "KIOKU NO MACHI OME", Konica Minolta Plaza Gallery C, Tokyo
2010 2nd Exhibition "TOKI NO SENRITSU", Konica Minolta Plaza Gallery B, Tokyo
2007 1st Exhibition "KIOKU NO KUKAN", Art Gallery Yamate, Yokohama

Blog: http://anagame.exblog.jp/

E-mail: photo◎tokyo.email.ne.jp (◎を@に変えてください。)

◇2017年にピンホール写真を展示する予定
 『第8回 猫・ねこ 写真展』
  2月9日~19日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『四谷写真塾 第12回合同展』
  3月2日~8日 Portrait Gallery(四谷)

◇2016年にピンホール写真を展示した記録
 『四谷写真塾 第11回合同展』
  3月3日~9日 Portrait Gallery(四谷)
 『記憶の町 那覇』個展  
  5月27日~6月9日 フレームマン銀座サロン(銀座)
 『時の光景Ⅲ』第3回 ピンホール倶楽部展
  10月6日~12日 Portrait Gallery(四谷)

◇2015年にピンホール写真を展示した記録
 『第6回 猫・ねこ 写真展』
  2月14日~23日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『四谷写真塾 第10回合同展』
  2月27日~3月4日 Portrait Gallery(四谷)

◇2014年にピンホール写真を展示した記録
 『暗室からコンニチハ』 東京都写真美術館ボランティアスタッフ写真展
  1月13日~26日 ギャラリー・コルソ(神田)
 『第5回 猫・ねこ 写真展』
  2月14日~23日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『四谷写真塾 第9回合同展』
  3月13日~19日 Portrait Gallery(四谷)
 『写真家のDM展』
  6月1日~7日 つぎのカーブ(新宿)
 『第1回〈M20〉展 Traveling/旅しないカメラ』
  6月23日~29日 Place M(新宿)

◇2013年にピンホール写真を展示した記録
 『第4回 猫・ねこ 写真展』
  2月16日~25日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『四谷写真塾 第8回合同展』
  2月28日~3月6日 Portrait Gallery(四谷)

◇2012年にピンホール写真を展示した記録
 『四谷写真塾 第7回合同展』
  3月15日~21日 Portrait Gallery(四谷)

◇2011年にピンホール写真を展示した記録
 『第2回 猫・ねこ 写真展』
  2月4日~13日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『四谷写真塾 第6回合同展』
  3月17日~23日 Portrait Gallery(四谷)
 『記憶の町 青梅』 個展
  8月17日~8月26日 コニカミノルタプラザ ギャラリーC(新宿)
 『時の光景Ⅱ』 第2回 ピンホール倶楽部展
  11月17日~23日 Portrait Gallery(四谷)

◇2010年にピンホール写真を展示した記録
 『猫・ねこ 写真展』
  2月11日~23日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『光・風・灯 展』
  2月26日~3月4日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『四谷写真塾 第5回合同展』
  3月18日~24日 Portrait Gallery(四谷)
 『第49回富士フイルムフォトコンテスト入賞作品発表展』
  3月26日~4月1日 富士フイルムフォトサロン東京(六本木)
 『時の旋律』 個展
  7月31日~8月10日 コニカミノルタプラザ ギャラリーB(新宿)

◇2009年にピンホール写真を展示した記録
 『四谷写真塾 第4回合同展』
  3月19日~25日 Portrait Gallery(四谷)
 『日本針穴写真協会設立5周年記念展』
  5月9日~19日 東京都美術館(上野)
 『hari-ana 2009』
  5月26日~31日 Roonee 247 photography(四谷)
 『第3回 横浜山手の坂道と風景展』
  5月30日~6月8日 Art Gallery 山手(横浜山手)
 『欧州街角散歩』
  7月14日~8月7日 レストランマルシェ(横浜神奈川区)
 『暗室からコンニチハ』 東京都写真美術館ボランティアスタッフ写真展
  12月8日~20日 Roonee 247 photography(四谷)

◇2008年にピンホール写真を展示した記録
 『四谷写真塾 第3回合同展』
  3月18日~30日 Portrait Gallery(四谷)
 『hari-ana 2008』
  5月27日~6月1日 Roonee 247 photography(四谷)
 『第2回 横浜山手の坂道と風景展』
  5月31日~6月9日 Art Gallery山手(横浜山手)
 『第44回 神奈川県美術展』 
  9月10日~21日 神奈川県民ホールギャラリー(横浜山下町) 
  10月8日~19日 厚木市文化会館展示室(厚木市)
 『ピンホール倶楽部18人展 時の光景』
  2008年10月9日~15日 アイデムフォトギャラリー「シリウス」(新宿)

◇2007年にピンホール写真を展示した記録
 『四谷写真塾 第2回合同展』
  3月13日~25日 Portrait Gallery(四谷)
 『hari-ana 2007』
  5月29日~6月3日 Roonee 247 photography(四谷)
 『針穴写真展2007』 日本針穴写真協会会員展
  8月8日~12日 江東区文化センター
 『記憶の空間』 個展
  11月22日~27日 Art Gallery山手(横浜山手)
 『グループフォトコンテスト2007 入賞作品発表展』
  11月30日~12月6日 富士フイルムフォトサロン東京(六本木)

◇2006年にピンホール写真を展示した記録
 『四谷写真塾 第1回合同展』
  3月14日~26日 Portrait Gallery(四谷)
 『第42回 神奈川県美術展』
  9月13日~24日 神奈川県民ホールギャラリー(横浜山下町)

◎雑誌や新聞など印刷物にピンホール写真などが掲載された記録
◇2016年
 『読売新聞』
  5月24日夕刊「ぎゃらりいモール」に個展情報掲載
 『琉球新報』
  6月1日「ピンホールで那覇写す」という見出しで、写真展を紹介する記事掲載
 『沖縄タイムス』
  6月1日「ピンホール用い那覇の記憶写す」という見出しで、同上記事掲載
 『岩手日報』
  6月3日「那覇の街味わい深く」という見出しで、同上記事掲載
 『千葉日報』
  6月4日「ピンホールで写す時間」という見出しで、同上記事掲載
 『愛媛新聞』
  6月4日 「ピンホールで那覇活写 街の味わい自然に表現」という見出しで、同上記事掲載
 『下野新聞』
  6月4日 「ピンホールで那覇写す」という見出しで、同上記事掲載
 『東奥日報』
  6月6日 「針穴から捉えた那覇」という見出しで、同上記事掲載
◇2014年
  『日本針穴写真協会 設立10周年記念写真集』
  写真4点掲載(2ページ)
  『創作集団マブリ公演 WAIT』
  公演案内チラシに写真1点掲載
◇2012年
  『F5.6』
  Vol.5の「あなたのメイン・サブ機を教えてください」に穴ガメの写真を掲載
◇2011年
  『アサヒカメラ』
  8月号「写真展西東」に個展情報と写真掲載
  『フォトコン』
  8月号「ギャラリーダイジェスト」 に個展情報と写真掲載
  『毎日新聞』
  8月14日朝刊の多摩版、都内版に「街の表情写すピンホール」という記事を掲載
  『朝日新聞』
  8月17日朝刊「マリオン」に個展情報と写真掲載
  『東京新聞』
  8月18日朝刊「TOKYOインフォメーション」に個展情報掲載
  『京都新聞』
  8月20日朝刊「時の人」に、「ピンホールカメラでカラーのスナップ写真を撮る」という記
  事掲載
  『信濃毎日新聞』
  8月22日朝刊「時の顔」に、同上記事掲載
  『新潟日報』
  8月22日朝刊「きょうの人」に、同上記事掲載
  『神戸新聞』
  8月27日朝刊に、同上記事掲載
  『宮崎日日新聞』
  8月27日朝刊「ひと」に、同上記事掲載
  『徳島新聞』
  8月28日朝刊「人」に、同上記事掲載
  『写真文化』
  一般社団法人日本写真文化協会機関誌11月号の「ポートレートギャラリー作品誌上
  展」に写真掲載
◇2010年
  『第49回富士フイルムフォトコンテスト作品集』
  自由写真部門 優秀賞受賞作品掲載
  『アサヒカメラ』
  8月号「写真展西東」に個展情報と写真掲載
  『日本カメラ』
  8月号「写真展プレビュー」に個展情報と写真掲載
  『月刊フォトステージ』
  8月号の裏表紙に写真展DMの写真掲載
  『読売新聞』
  7月27日夕刊「ぎゃらりいモール」に個展情報掲載
  『東京新聞』
  8月5日朝刊「TOKYOインフォメーション」に個展情報と写真掲載
  『月刊フォトステージ』
  9月号「ギャラリーで立ち話」に記事を掲載
  『カメラ・ライフ』
  Vol.7の「CL People」に写真5点(2ページ)掲載
◇2009年
  『日本カメラ』
  4月号「プラザ2009」に第44回神奈川県美術展入賞作品掲載
  『フォトコン』
  12月号「フォトコンフォーラム」に第44回神奈川県美術展入賞作品掲載
◇2008年
  『第44回神奈川県美術展』
  図録に準大賞受賞作品(3枚組)掲載 
◇2007年
  『日本カメラ』
  4月号に「日本カメラフォトコンテスト」カラープリントの部銀賞受賞作品掲載
  『日本フォトコンテスト』
  6月号のピンホール特集記事に作例写真掲載
  『写真文化』
  社団法人日本写真文化協会機関紙10月号の表紙に写真掲載
  『日本フォトコンテスト』
  12月号に口絵作品として写真6点(4ページ)掲載
  『アサヒカメラ』
  12月号「写真展西東」に個展情報と写真掲載
  『日本カメラ』
  12月号「写真展プレビュー」に個展情報と写真掲載
  『東京新聞』
  11月13日神奈川版「インフォメーション」に個展情報掲載
  『朝日新聞』
  11月21日神奈川版「神奈川マリオン」に個展情報と写真掲載  
◇2006年
  『日本カメラ』
  3月号に「日本カメラフォトコンテスト」カラープリントの部銅賞受賞作品掲載
  『日本カメラ』
  4月号に「日本カメラフォトコンテスト」カラープリントの部銀賞受賞作品掲載

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
   
   

[PR]
by pinholephoto | 2006-11-01 00:00 | プロフィール Profile | Comments(0)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
プロフィールを見る
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30