ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

厳冬の朝 Seoul, South Korea ソウル Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_2143368.jpg

今日の横浜は、冬らしいと言ったらいいのでしょうか、特に午前中は風も強く寒い1日となりました。寒さで思い出したのが今日のピンホール写真、『ソウル 厳冬の朝』です。3年前の1月初めに訪れたソウルの交差点で撮りました。氷点下の寒さで、三脚を素手で持つことはできませんでした。そういえば、2006年は1月のソウルに続いて5月に釜山を訪れたのですが、その後は韓国に行ってません。韓国といえば、汽車と高速バスで移動して、地方の1泊2500円くらいの旅館に泊まりながら、あちこち回ったことがあります。近いうちにピンホールカメラを持って、観光客の来ないような韓国の田舎町を訪ねてみたいと思います。

写真展、美術展見学
 1月25日 「ピカソとクレーの生きた時代」(Bunkamuraザ・ミュージアム
 1月25日 「第9回フォトエクスペリエンス修了展」(IMAGE WORK

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2009-01-24 21:26 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

猫かいぐり公園とかぼちゃプリン

このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。
f0117059_20394477.jpg
今日は、というか今日も、と言ったほうがいいかもしれませんが、青梅に行ってきました。今日は写真を撮るよりも、冬の暖かい日差しの中を散歩してきた感じです。「赤塚不二夫会館」と「昭和レトロ商品博物館」と「昭和幻燈館」の3館共通券を買ってゆっくり見学した後で、久し振りに多摩川のほうまで足を延ばしてきました。(Digital Photography)

f0117059_20381580.jpg
帰りは町田駅近くにあるカンボジア料理の店、「アンコールトム」に立ち寄りました。オーナーのペン・セタリンさんと初めてお会いしたのは約25年前のことで、何回かヘルシーで美味しいカンボジア料理を食べに行ったことがあるのですが、今日店を訪れるのは10数年振りのことでした。写真はデザートのお薦め、かぼちゃプリンです。(Digital Photography)

撮影記録
 1月11日 青梅市
 1月12日 湯島、上野

写真展見学
 1月12日 長野重一写真展「人、ひとびと」(ギャラリー蒼穹舎
 1月12日 則貞写真展「ひとり」(PLACE M


にほんブログ村 写真ブログ 写真家・写真展へ
Photography Blog

f0117059_12351695.gifにほんブログ村 写真ブログへ  ブログランキング
[PR]
by pinholephoto | 2009-01-11 21:07 | ピンホール写真撮影記録 | Comments(2)

デルフトの運河 Delft, the Netherlands オランダ Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_18313979.jpg

新しい年2009年が始まりました。今年もよろしくお願いします。

本年最初に紹介するピンホール写真は、オランダのデルフトで撮った運河の写真です。フェルメールが、「デルフトの眺望」という風景画を描いたとされている場所のすぐ近くの運河で、2007年の7月に撮った写真です。7月だというのに雨が降って風が強く、とても寒かったのを覚えています。フェルメールの作品は、真贋に疑問の残るものも含めて36点ほどしか残されていませんが、その中で1番好きなのが「デルフトの眺望」です。デン・ハーグのマウリッツハイス美術館で実物を観るまでは、印刷された写真で見てもいい作品だとは全く思いませんでした。「芸術新潮」のフェルメール特集にあった説明を引用します。
  プルーストをして「世界で最も美しい絵」と言わしめた傑作。この深みのある
  空の青は、現地で実物を見なければ決して感じられない。(2008年9月号)
フェルメールの作品は小さなものが多いのですが、「デルフトの眺望」は96.5×115.7cmで、絵の前に立つととても大きく感じられ、絵の中の風景に引き込まれるようです。

◇昨年2008年にピンホール写真を展示させていただいた記録をまとめておきます。
 『四谷写真塾 第3回合同展』
  2008年3月18日~30日 Portrait Gallery(四谷)
 『hari-ana 2008』
  2008年5月27日~6月1日 Roonee(四谷)
 『第2回 横浜山手の坂道と風景展』
  2008年5月31日~6月9日 Art Gallery山手(横浜山手町)
 『第44回神奈川県美術展』 
  2008年9月10日~21日 神奈川県民ホールギャラリー(横浜山下町) 
  2008年10月8日~19日 厚木市文化会館展示室(厚木市)
 『ピンホール倶楽部18人展 時の光景』
  2008年10月9日~15日 アイデムフォトギャラリー「シリウス」(新宿)

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2009-01-01 19:32 | ピンホール写真館(海外) | Comments(2)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31