ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

レストランマルシェにてピンホール写真展 「欧州街角散歩」 横浜市神奈川区


f0117059_0133485.jpg

本日2009年7月14日(火)から8月7日(金)のランチタイムまで、京浜急行線神奈川駅から徒歩3分の「レストランマルシェ」にて、カラーピンホール写真7点(四切)を展示します。レストランマルシェでは、オーナーシェフが店から自転車で5分の距離にある横浜中央市場で、毎日仕入れている新鮮な材料を使った料理が楽しめます。レトロな雰囲気の心地よい店です。展示する作品は個展やこのブログですでに紹介したものなので、写真を見るためにお出でくださいとは言えませんが、おいしいものが食べたいなと思われる方は、是非お出かけください。

f0117059_0183463.jpg

各テーブルに、ピンホール写真と展示作品について書いた紙を置かせていただきました。その一部を紹介させていただきます。

「店内に展示させていただいている7点の写真は、ピンホールカメラで撮影しました。撮影に使用したカメラは、箱に直径0.2ミリの穴が空いているだけのもので、レンズ、ファインダー、シャッターボタンなどはありません。レンズを通さず暗箱に光を直接取り込みフィルムに当てることで、空間を満たす光、風や時の流れなどを画像として定着させることができます。ピンホール写真の特徴は、周辺部に行くにしたがって光量が落ちること、周辺部の画像が外に向かって流れることなどです。普通のカメラでは欠点であり、技術的に修正されるべきこれらの特徴を、ピンホール写真では逆に長所として生かすことで、観る人にどこか懐かしさを感じさせる「記憶の空間」を表現することができます。美味しい料理を味わいながら、作品をお楽しみいただければ幸いです。」

f0117059_014774.jpg

出窓の鍵に注目です。そういえば昔はこんな鍵がありました。

f0117059_0145335.jpg

黒板には、その日の「おすすめ」の料理が書かれています。料理につきましては別ブログにて紹介していますので、よろしかったらご覧ください。

= レストラン マルシェ=
住所:横浜市神奈川区青木町5-30 京浜急行線神奈川駅から徒歩3分
   神奈川駅を出て横断歩道を渡り、数歩歩くと左手に宮前商店街の入口があります。
   商店街をしばらく歩くと左手にレストランマルシェがあります。
電話:045-451-1280
営業時間:月曜から土曜 11:30-14:30(L.O.14:00)/18:00-22:00(L.O.21:00)
       祝日 18:00-22:00(L.O.21:00)
定休日:日曜日 

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2009-07-14 22:10 | ピンホール写真展示記録 | Comments(0)

アントワープの夏の光 Antwerpen, Belgium ベルギー Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_11501850.jpg

今日の写真は、2007年7月にベルギーのアントワープ(アントウェルペン)で撮ったピンホール写真です。観光しながら街を歩いていると、夏の光で輝いて見える花が眼に入ってきました。カメラと花が接触するくらいの位置に三脚を置きました。強烈な斜光線をまともに受けながらの撮影で、目をしっかり開けることもできなかったため、撮影時にはこの写真に写っている映像はほとんど見えていませんでした。結果的に、カラーピンホール写真の特徴がよく出た写真になったのではないかと思います。

写真展見学
 7月10日 写真集団・北斗「今、そこに注ぐ視線Ⅱ」(アイデムフォトギャラリー「シリウス」)
 
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2009-07-11 11:48 | ピンホール写真館(海外) | Comments(2)

侯俊明 『亞洲的父親』 猫になってしまいました


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_1102548.jpg

今日はピンホール写真とは別の話題です。昨年、台湾を代表する現代美術家の侯俊明氏が、横浜美術館滞在制作プロジェクトに参加して、『亞洲的父親』The Asian Father Interview Projectという企画が行われました。この企画は、侯俊明氏が8人の日本人と面接し、父親についての話を聞いて、その話をもとに浮かんだイメージを文章に書き、絵に描くというものです。絵は、2008年10月23日から11月30日まで、「黄金町バザール」にて展示されました。先日、この企画の内容が本になり、送られてきました。

f0117059_1113911.jpg

私の娘がこのプロジェクトに参加して、父親である私について5時間もインタビューを受けて、その結果描かれた私の絵も載っていますが、私の姿は何と椅子に横たわる「猫」です。私は前世では猫だったのでしょうか。

写真展見学
 7月7日 佐々木貴範写真展「鉄の町・釜石」(アイデムフォトギャラリー「シリウス」)
 7月7日 原芳市写真展「幻の刻」(ギャラリー蒼穹舎)
 7月7日 渡部さとる写真展「da.gasita 2009」(ギャラリー冬青)
 7月7日 「世界報道写真展2009」(東京都写真美術館)

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2009-07-08 11:38 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(2)

浄妙寺の猫 鎌倉 モノクロピンホール写真 Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_1944871.jpg

ピンホール写真はカラーネガフィルム(フジプロ800)で撮っていますが、時にはモノクロフィルムを使うことがあります。今日の写真は、2008年の3月に鎌倉の浄妙寺の境内で撮った昼寝中の猫です。フィルムの現像だけしてそのままになっていたのですが、今日思いついてプリントしてみました。猫さん、1年4か月の長い間お待たせしました。

美術展見学
 7月5日 「19世紀のフランス絵画展」(横浜美術館)
 7月6日 「レオナール・フジタ展」(そごう美術館)

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2009-07-06 19:13 | ピンホール写真館(国内) | Comments(2)

バルセロナのグエル公園 スペイン


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_1854896.jpg

バルセロナにあるグエル公園を訪れるのは今回で2回目です。前回訪れた時にははまだピンホールカメラを持っていませんでしたので、グエル公園でピンホール写真を撮るのは初めてです。世界遺産になっているグエル公園は、グエルとガウディの宅地造成計画が頓挫した結果公園となったものです。1枚目の写真は、当初計画では市場になるはずだったところで撮りました。

f0117059_18545190.jpg

この通路、何だか古代の遺跡を思わせます。

f0117059_1855952.jpg

右に少しだけ見える建物はグエル邸として建てられたものですが、現在は小学校となっています。校庭では先生の指示で子どもたちが走り回っていました。体育の授業でしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2009-07-03 19:15 | ピンホール写真撮影記録 | Comments(0)

タラゴナの旧市街に棲む猫 スペイン


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_2245654.jpg

スペインのバルセロナから約90キロ南にある地中海沿いのローマ時代から続く町、タラゴナでピンホール写真を撮ってきました。ローマ時代の円形劇場などの遺跡もあちこちに残っている、とても落ち着いた明るい雰囲気の町です。写真は旧市街の家々を見つめて立つピンホールカメラ、穴ガメ27Trです。

f0117059_22223673.jpg

カテドラルを中心とした旧市街は狭い地域なのですが、迷路のような細い道があり、頭の上には洗濯物が風に揺れています。2枚目の写真の絵が描かれた建物の右をよく見ると、野良猫を発見です。

f0117059_22264513.jpg

この街のあちこちに野良猫たちがいたのですが、みな痩せていました。野良猫らしい野良猫といったところでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2009-07-01 22:29 | ピンホール写真撮影記録 | Comments(0)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31