「ほっ」と。キャンペーン

ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

川床劇団 Riverbed Theatre 千圈の旅 淡水 雲門劇場 Cloud Gate Theater 草間彌生 


f0117059_22521072.jpg

2016年12月の台北の旅では、淡水にある雲門劇場Cloud GateTheaterで、川床劇団Riverbed Theatreによる「千圈の旅 one-thousand circles for space travel」を観てきました。台北市内からMRTの淡水信義線で終点の淡水まで行き、駅から歩いて淡水観光をしながら劇場に向かいました。淡水紅毛城のさらに先、滬尾(こび)砲台の近くに雲門劇場があります。

f0117059_225351.jpg

小高い丘の上に建つ立派な建物が雲門劇場です。

f0117059_2254107.jpg

劇場の周囲には、朱銘という彫刻家の作品がところどころに置かれています。

f0117059_22543050.jpg

遠くに見えるのは、淡水河の河口付近です。

f0117059_22563862.jpg

川床劇団は、クレイグ・クインテロCraig Quinteroによって1998年に台北で創立され、演劇とアートの境界をなくしたイメージに基づくパフォーマンスを行っている劇団ということです。今回観た「千圈の旅」は、草間彌生の世界を表現した45分ほどの作品です。観劇後、バックステージツアーに参加してクインテロさん(写真右)の話を聞くことができました。13歳の時、シカゴの美術館に両親と行ったのですが、美術に興味はなく早く出たいと思っていたところ、目に入った草間彌生の絵画に引きつけられ、両親に促されるまでその場を離れることができなかったそうです。それから30年経ち、草間彌生の作品と心を作品化したのが「千圈の旅」ということです。舞踏の影響を感じさせるパフォーマンスでしたが、クレイグさんによると彫刻作品に生命を吹き込んだイメージということです。これが草間彌生なのだ、と思わせてくれる密度の濃いパフォーマンスに魅了された45分間でした。

f0117059_042820.jpg

舞台側から客席を写しました。客席は55しかありません。客席に向かって右側と左側それぞれに、ドアが付いた箱状のものがあります。これらの箱を左右に移動させたり、ドアを出入りすることで場面転換などがされます。

f0117059_0293332.jpg

箱は左右に動くものだけでなく、写真左に写っている階段状になった箱が右の観客席に向かってせり出してきたりもします。

f0117059_0353561.jpg

客席に向かって右側の箱です。

f0117059_0383915.jpg

客席に向かって右側の箱の中です。

f0117059_040139.jpg

雲門劇場はとても大きな建物なのですが、それほど広くない劇場ロビーから客席に入るのに、身をかがめないと通れない筒状の通路を通りました。そして入った客席は55席しかない小さな空間だったので、雲門劇場には複数の劇場があり、「千圈の旅」は小さな方で上演されるのかなと錯覚してしまいました。日本にもよくある小劇場のような雰囲気でした。観客が客席に続く通路に入った瞬間に「千圈の旅」は始まっていたのだと気づいたのは、バックステージツアーに参加した後のことでした。写真を見ると、劇場の規模はかなり大きいことがわかります。写真の手前に写っている木で作った背の低い筒状の通路の中を、身をかがめながら歩いて客席に入ったのです。

f0117059_115280.jpg

クインテロさんの話を聞いた後の記念写真です。「千圈の旅」公演のチケットは、台湾の国立劇場スタッフのライさん(写真左)にお願いして買っておいていただきました。

f0117059_121375.jpg

雲門劇場スタッフの方(写真右)に声をかけていただき、バックステージツアーに参加することができました。

f0117059_13684.jpg

劇場の近くに金品茶語というカフェレストランがあります。観劇前にセットの昼食をいただきました。360元でした。

f0117059_1192075.jpg

観劇後は、やはり劇場の近くにある時報文化大樹書房のカフェに入りました。

f0117059_143100.jpg

ケーキとコーヒーのセットをいただきました。

12月なのに夏のような暑さの中を道に迷いながらようやくたどり着いた雲門劇場での観劇でしたが、貴重な体験ができてよかったと思います。

「千圈の旅」公演の一部を動画で見ることができます。

 

河床劇團《千圈の旅》 One Thousand Circles for Space Travel (12/16-25)

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-12-26 01:57 | 演劇 | Comments(0)

DL69便とDL578便の機材と機内食 成田ー桃園 デルタ航空 台北の旅 2016年12月


f0117059_10332382.jpg

今年の4月以来となる台湾旅行に行ってきました。今回は成田発のデルタ航空を利用しました。デルタ航空のビジネスクラス、デルタ・ワンが諸税込で往復52,390円ということで、7年ぶりにビジネスクラスに乗ることにしました。機材は往復ともBoeing767-300ERです。成田ー桃園のDL69便はポートランド発成田経由の台北行きで、桃園ー成田のDL578便は台北発成田経由のホノルル行きです。写真は桃園空港のゲートD9で出発を待つDL578便です。

f0117059_10491753.jpg

成田空港では、24番ゲートから台北行きのDL69便に乗り込みました。B767には、すべての乗客が同じドアから入ります。

f0117059_11253.jpg

行きのDL69便では、一番前の中央の席1Cに座りました。リクライニングしたときに足が入る部分が、2番目より後ろの席よりも奥が深くて広いような気がします。

f0117059_1194622.jpg

7年ぶりに機内でいただくウエルカムドリンクです。

f0117059_11115077.jpg

デルタ航空のサイトには、「大きな機内エンターテイメント用スクリーンとノイズキャンセリングヘッドフォンで、デルタスタジオのお好きなコンテンツをお楽しみください。」とあります。映画などの種類も多く、長距離路線でも退屈することなく空の旅を楽しめそうです。各座席には110ボルトの電源コンセントとUSBポートがあります。

f0117059_11193152.jpg

座席のリクライニングの操作はスムーズにできました。フルフラットのビジネスクラスは初体験です。台北までの短時間のフライトでしたが、Westin Heavenlyの枕と掛布団が心地よい眠りに誘ってくれました。長距離路線ではないので、アメニティキットの提供はありません。

f0117059_11345519.jpg

搭乗開始の直後、コックピットの様子が見えます。

f0117059_11405869.jpg

窓側の一番前の席1Aです。

f0117059_11411925.jpg

帰りのDL578便では、窓側の前から二番目の席2Aに座りました。

f0117059_11414178.jpg

帰りの便でいただいたウエルカムドリンクはミモザです。シャンパンとオレンジジュースの組み合わせ、おいしくいただきました。

f0117059_11515014.jpg

機内のトイレの写真を自分が写らないように撮るのは結構大変です。

f0117059_11541778.jpg

食事前の飲み物は、なぜか普段は飲まないトマトジュースをいただくことが多かったのですが、今回は帰りの便でワインを飲んでみました。

f0117059_1225977.jpg

行きのDL69便では、サーモンのソテー(柚子味噌バターソース、レッドライスリゾット、スナップえんどう、カシューナッツのカラメリゼ)をいただきました。食事は鶏胸肉のピーカンナッツクラスト、オレキエッテパスタ(ベジタリアン)、サーモンのソテー、冷菜プレートの4種類からの選択で、すべてにミックスグリーンサラダ、チョコレートムース、パン各種がつきます。食事は2016年冬のメニューです。

f0117059_12115847.jpg

陶器の茶碗でいただくと食後のお茶もおいしく感じます。

f0117059_12121650.jpg

普段は飲むことのないスタバのコーヒーです。

f0117059_12124287.jpg

帰りのDL578便では、豚肉の炒め物(醤油風味、ご飯、野菜、ミックスグリーンサラダ)をいただきました。鶏肉のソテー、豚肉の炒め物、ミックスグリーンサラダの3種類からの選択で、すべてにココナッツミニタルト、パン各種がつきます。

f0117059_1213874.jpg

台北桃園空港のD9ゲートの隣には、ユナイテッド航空の大きな飛行機がありました。

f0117059_12132812.jpg

桃園空港を離陸するため、滑走路に進入するところです。

f0117059_12134693.jpg

成田ー台北が4時間35分、台北ー成田が3時間15分の短いフライトですが、フルフラットのビジネスクラスをお得に堪能することができました。

KE2708便とKE2711便の機材と機内食 大韓航空 ソウル・仁川・水原 2016年11月(2) 
OZ1075便とOZ1045便の機内食 アシアナ航空 羽田空港 Sky Lounge Annex ソウル旅 2016年9月(1) 
DL608便とDL607便の機材と機内食 デルタ航空 グアムの旅 2016年6月(2)  
NH853便と852便の機内食 春水堂のタピオカミルクティー 台北の旅 2016年4月(1)

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-12-24 13:04 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

タルトンネの面影 東仁川 タルトンネ博物館周辺 ソウル・仁川・水原 2016年11月(6)


f0117059_22172873.jpg

東仁川(トンインチョン)の松峴(ソンヒョン)近隣公園にある水道局山タルトンネ博物館の見学を終えてから、公園の周辺を歩いてみました。高層マンションが目につきますが、一歩路地を入るとタルトンネの面影を感じる家並みがありました。

水道局山タルトンネ博物館 수도국산달동네박물관:
「タルトンネ」と呼ばれる低所得者層が集まる高台の集落をテーマにした博物館。敷地周辺に実際にあったタルトンネの1960~1970年代の家屋を実物大のジオラマで再現するなどし、当時の暮らしぶりを実感しやすく展示。(KONESTから)

タルトンネ(月の町):
「貧しい人々が集まり暮らす山の背や山すその斜面にある町」を抒情的に表現した用語。1960年代の経済開発過程で都市に人口が急激に集中し住宅が不足するようになり、貧しい人々が段々と一つところに集まり暮らし始めたことから発生した。(水道局山タルトンネ博物館のパンフレットから)

f0117059_2218516.jpg


f0117059_22182986.jpg


f0117059_22185237.jpg


f0117059_22191839.jpg


f0117059_22194355.jpg


f0117059_222085.jpg


f0117059_22203929.jpg


f0117059_2221558.jpg


f0117059_22212736.jpg


f0117059_22215056.jpg

松峴(ソンヒョン)教会です。韓国には立派な建物の教会がたくさんあります。

f0117059_22221633.jpg

タルトンネ博物館を出て写真を撮りながら歩き、坂を下りきったところで撮った写真です。水道局山に建つ高層マンションがたくさん見えます。

ソウル・仁川・水原 2016年11月(1)羽田空港国際線 サクララウンジ Sakura Lounge 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(2)KE2708便とKE2711便の機材と機内食 大韓航空 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(3)ホテル テウ イン Hotel Daewoo Inn 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(4)東仁川駅 から 水道局山タルトンネ博物館 への坂道 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(5)水道局山タルトンネ博物館 東仁川 

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-12-09 22:51 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(2)

水道局山タルトンネ博物館 東仁川 ソウル・仁川・水原 2016年11月(5)


f0117059_22155799.jpg

タルトンネ博物館は、地下鉄1号線の東仁川(トンインチョン)駅の4番出口を出て駅前広場前の横断歩道を渡り、商店街に入ってそのまま歩いた坂の頂上にある松峴(ソンヒョン)近隣公園の中にあります。写真は公園にあった馬乗りをする子どもです。今から50年近く前の小学生だったとき、寒い季節の休み時間によくやりました。危険な遊びということで、担任の先生からはやらないように言われていました。

水道局山タルトンネ博物館 수도국산달동네박물관:
「タルトンネ」と呼ばれる低所得者層が集まる高台の集落をテーマにした博物館。敷地周辺に実際にあったタルトンネの1960~1970年代の家屋を実物大のジオラマで再現するなどし、当時の暮らしぶりを実感しやすく展示。(KONESTから)

タルトンネ(月の町):
「貧しい人々が集まり暮らす山の背や山すその斜面にある町」を抒情的に表現した用語。1960年代の経済開発過程で都市に人口が急激に集中し住宅が不足するようになり、貧しい人々が段々と一つところに集まり暮らし始めたことから発生した。(水道局山タルトンネ博物館のパンフレットから)

f0117059_2217086.jpg

タルトンネ博物館の外観です。

f0117059_22172450.jpg

タルトンネ博物館の入口です。入館料は大人1,000ウォンで、休館日は毎週月曜日と1月1日、旧正月(ソルラル)、秋夕(チュソク、旧暦8月15日)です。開館時間は午前9時から午後6時までですが、入館できるのは午後5時半までです。

f0117059_22202185.jpg

これは茶房(タバン)と呼ばれる昔ながらの喫茶店を再現したものです。

f0117059_22204489.jpg

ミュージックボックスには、「サウンド・オブ・ミュージック」などのレコードが見えます。

f0117059_2222112.jpg

ハングルのタイプライターは初めて見ましたが、英文タイプライターとキーの数は同じぐらいでしょうか。昔仕事で和文タイプライターを使ったことがありますが、漢字を探すのに時間がかかって大変だったことを思い出します。

f0117059_22183357.jpg

階段を下りて地下1階の展示室に入ったところです。

f0117059_22222344.jpg

高層マンションが建ち、タルトンネの風景が変わり始めたころの写真でしょうか。

f0117059_22224270.jpg

いくつかの幼稚園から見学に来ていました。

f0117059_2223452.jpg

これは絵なのですが、見ると街を歩いている気分になります。

f0117059_2223269.jpg

昔のタルトンネがリアルに再現されています。

f0117059_22234890.jpg

薪だとご飯を炊くのも大仕事ですね。1960年代に私が住んでいた東京都内の家は、台所はガスでしたが、風呂は薪で焚いていました。当時はシャワーなどなく、風呂に毎日入るということもありませんでした。夏は行水で済ませたり、冬は3日に1度とかだったように思います。

f0117059_22241765.jpg

家族全員でマッチ箱の組み立ての内職をしている様子です。

f0117059_22244373.jpg

1960~70年代のタルトンネにタイムスリップした気分が味わえます。

f0117059_2225398.jpg

共同トイレです。夜中にトイレに行くのは大変だったと思います。トイレ掃除の当番が順番で回ってきたりしたのでしょうか。

f0117059_2225277.jpg

再現された展示ではありますが、路地を歩いていると迷子になりそうです。

f0117059_22254780.jpg

テレビのプロレス中継を見ています。黒電話もあります。タルトンネでも、比較的豊かな家庭のようです。

f0117059_22273267.jpg

新聞紙が壁紙として使われています。

f0117059_22261028.jpg

タルトンネ博物館の近くには、園児を乗せてきたバスが停まっていました。

ソウル・仁川・水原 2016年11月(1)羽田空港国際線 サクララウンジ Sakura Lounge
ソウル・仁川・水原 2016年11月(2)KE2708便とKE2711便の機材と機内食 大韓航空 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(3)ホテル テウ イン Hotel Daewoo Inn 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(4)東仁川駅 から 水道局山タルトンネ博物館 への坂道  
ソウル・仁川・水原 2016年11月(6)タルトンネの面影 東仁川 タルトンネ博物館周辺 

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-12-08 00:50 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31