ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ティーマークグランドホテル明洞 티마크그랜드호텔 명동 2017年8月 ソウルの旅(2)


f0117059_22293941.jpg

今回泊まったホテルは、地下鉄4号線の会賢(フェーヒョン)駅3番出口から徒歩1分のティーマークグランドホテル明洞 Tmark Grand Hotel Myongdong です。金浦空港からは、空港鉄道でソウル駅まで行き、4号線に乗り換えて1駅です。1階にレセプションがあり、エレベーターはルームキーがないと上がれないようになっています。部屋は15階のスタンダードダブルルームです。

f0117059_2230741.jpg

部屋には貴重品金庫、アイロンとアイロン台、大きな傘があります。

f0117059_22303710.jpg

ベッドはクィーンサイズで、寝心地もよかったです。

f0117059_2231387.jpg

バスルームには、大きめのバスタブと韓国の浄水器メーカー、チョンホナイス製の温水洗浄便座付きのトイレがあります。

f0117059_22312937.jpg

ヘアドライヤーもあります。ホテルが出来てそれほど年数が経っていないようで、室内はどこもきれいです。

f0117059_22315675.jpg

バスルームのアメニティーは、一通りそろっています。

f0117059_22324123.jpg

部屋は南山が見える側でした。滞在中ずっと天気が良くなかったのが残念です。

f0117059_2233599.jpg

テレビの画質はよかったです。

f0117059_22333341.jpg

無料のミネラルウォーターが、初日を除いて毎日2本ずつ用意されていました。初日になぜなかったのかは謎です。

f0117059_223404.jpg

ブルートゥース対応の目覚し時計がありました。スマホに入っている音楽などを、このスピーカーで聴くこともできました。

f0117059_22344115.jpg

正面右に見える大きな建物がティーマークグランドホテル明洞です。人が歩いているのは、2017年の5月にできたばかりのソウル路7017です。1970年に開通した高架道路が、遊歩道としてよみがえりました。ホテルからソウル駅まで、この遊歩道を歩いてもそれほど時間はかかりません。

f0117059_22351098.jpg

ホテルのすぐ向かいには、南大門市場があり、夜遅くまでにぎわっています。

※ティーマークグランドホテル明洞の施設 & サービス
43インチLED TV、有線/無線インターネット
無料のミネラルウォーター2本、コーヒー/緑茶セット
バスタブ/ウォシュレット完備
シモンズビューティレストのマットレス/最高級Goose Down綿の寝具セット
ブルートゥース目覚まし時計、ティーポット、ヘアドライヤー、金庫、冷蔵庫
電話、懐中電灯、スリッパ、バスルームアメニティ、バスローブ、マルチアダプター
全室禁煙

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2017-09-29 20:11 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

KE2708便と2709便の機内食 サクララウンジとKALラウンジ 2017年8月 ソウルの旅(1)


f0117059_1435589.jpg

2017年8月は、台北に続いてソウルにも行ってきました。行きは羽田空港発の大韓航空KE2708便です。出発時は雨がかなり降っていました。機材はいつもの通りBoeing777-300です。チケットはエコノミーのNクラスで、出発48時間前にならないと座席指定ができません。チケット代金はすべて込みで32,510円でした。

f0117059_143253.jpg

ネットでチェックイン済みですが、大韓航空のカウンターで搭乗券をもらい、荷物を預けます。セルフチェックインも可能ですが、荷物をプライオリティー扱いにしてもらうには、カウンターでの手続きが必要になります。羽田空港では、日本航空のスタッフが業務を行っています。

f0117059_1444211.jpg

荷物を預けて身軽になったら、JALのサクララウンジに向かいます。KE2708便は日本航空とのコードシェア便になっているので、スカイチームのエリート・プラスの資格があればサクララウンジを利用することができます。

f0117059_1451395.jpg

サクララウンジでは朝食をいただきました。

f0117059_1462599.jpg

朝食後は場所を変えて珈琲とクッキーをいただきました。羽田のサクララウンジは広くていろいろなタイプの席があるので、移動すると気分転換になります。

f0117059_1454659.jpg

KE2708便の機内食です。チューブに入った大韓航空オリジナルのコチュジャンは、こちらから声をかけないともらえません。

f0117059_1465354.jpg

大韓航空のBoeing777-300は、シートピッチが広めなので楽です。

f0117059_1471950.jpg

羽田から金浦までは約2時間20分のフライトです。金浦空港も雨が降っていました。

f0117059_1474150.jpg

ソウルからの帰りは大韓航空KE2709便を利用しました。金浦空港出発が16時20分で、金浦空港のカウンターがオープンするのが13時30分です。

f0117059_148738.jpg

もうすぐカウンターがオープンする13時30分です。スタッフが配置に着こうとしています。

f0117059_1483210.jpg

カウンターで荷物を預けたら、KALラウンジに行って昼食をいただきます。金浦空港のKALラウンジは出国審査の手前にあるため、出発時間ぎりぎりまでいることはできません。

f0117059_148578.jpg

出発の時間よりかなり早く入ったため、空席が目立ちましたが、出発時間が近づくにつれてそれなりに混雑してきました。

f0117059_1492332.jpg

カップ麺とお酒以外は、ほとんど全種類いただきました。

f0117059_1495193.jpg

帰りのKE2709便の座席は、エコノミークラスの前から2番目だったので、ビジネスクラスの座席が目の前です。

f0117059_14101917.jpg

KE2709便の機内食です。巨大な豆腐は、少し食べ飽きた感じになってきました。

f0117059_14104331.jpg

機内は、ほぼ満席の状態でした。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2017-09-24 20:15 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

台北街歩きとカフェ 富錦街 邀月兒 民生東路 微熱山丘 2017年8月 台北の旅(6)


f0117059_23163523.jpg

小籠包の京鼎小館で食事してから、緑とカフェの多い富錦街と民生東路を散策しました。

f0117059_2317846.jpg


f0117059_23174482.jpg


f0117059_9501872.jpg


f0117059_9505396.jpg


f0117059_9513114.jpg


f0117059_954276.jpg


f0117059_9521050.jpg


f0117059_9545094.jpg


f0117059_9552382.jpg

散策の途中で、民生東路にあるパイナップルケーキの Sunny Hills 微熱山丘に立ち寄りました。パイナップルケーキとお茶が試食できます。大人の雰囲気と大人の味でした。

f0117059_9561566.jpg

ポン菓子売りがいました。

f0117059_9565468.jpg

暑い中を歩いて疲れたのでカフェで一休みです。邀月兒 Lunar Bistro という店に入りました。

f0117059_9572922.jpg

冷たいお茶をいただきました。

f0117059_958021.jpg

店内は落ち着いた雰囲気です。店のWi-Fiを利用することができます。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2017-09-09 11:21 | Comments(0)

京鼎小館の小籠包 と 思慕昔のかき氷 と 自助餐 2017年8月 台北の旅(5)


f0117059_15372253.jpg

今回の台北滞在では、京鼎小館という小籠包の店に行きました。MRT文湖線と松山新店線の南京復興駅から、歩いて約13分の敦化北路にあります。写真は炒空心菜という、空心菜の炒めものです。

f0117059_15375131.jpg

日本にも出店している有名店で、台北の京鼎小館が総本店となっています。

f0117059_15381713.jpg

塩味で薄味のエビチャーハンです。

f0117059_153848100.jpg

牛肉麺です。

f0117059_15392517.jpg

烏龍小籠包です。烏龍茶の味はしなかったような気がします。

f0117059_15422625.jpg

エビシューマイです。

f0117059_1543129.jpg

こしあんとタロイモの小籠包です。

f0117059_15435281.jpg

日本に出店している京鼎樓は、おしゃれで高級なイメージですが、台北の総本店は庶民的な食堂といったイメージの店でした。

f0117059_1544296.jpg

台北でかき氷といえば、MRT東門駅近くにある思慕昔でしょうか。ここでかき氷を食べるのは、昨年の4月以来2回目になります。超級雪酪芒果雪花冰(スーパーソルベとマンゴー雪花氷)210元と、超級綜合草莓雪花冰(スーパーフルーツミクスイチゴ雪花氷)220元を食べました。昨年の4月はそれぞれ190元と200元だったので、20元値上がりしていました。

f0117059_15481653.jpg

台北の街を歩いていると、自助餐という看板のある店を見かけます。今回の台北滞在で泊まった康寧生活會館の最寄り駅、MRT文湖線の葫洲駅の近くにある自助餐の店です。

f0117059_1549217.jpg

たくさんあるおかずの中から、食べたいおかずを自分で取って食べます。店によっては自分で取らず、店の人が取るところもあります。

f0117059_15493161.jpg

これで320元でした。安くはないですね。会計を済ませてからご飯とスープを取り、お替り自由で食べることができました。店によってはスープは別料金になっていたり、細かい違いがあるようです。

f0117059_15495991.jpg

ご飯は店内で食べるように書いてありました。

f0117059_15502521.jpg

2階に食べられるスペースがありました。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2017-09-07 15:53 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

国立台湾科学教育館と台北市児童新楽園 士林 2017年8月 台北の旅(4)


f0117059_1944455.jpg

小学生の孫も一緒の台北の旅ということで、今回は国立台湾科学教育館と台北市児童新楽園にも行ってきました。どちらもMRT淡水信義線の士林駅から徒歩で行けます。

f0117059_1951595.jpg

士林駅から中正路に出たら左折して中正路をしばらく歩きます。

f0117059_196724.jpg

とにかく暑かったのですが、商店など見ながら歩いたためか、それほど長くは感じませんでした。

f0117059_1964250.jpg

しばらく歩くと、中正路と基河路の交差点があります。ここで右折して基河路を進みます。

f0117059_1971470.jpg

士林駅を出発してからゆっくり歩いて約20分で、左手に写真の建物が見えます。これが国立台湾科学教育館です。歩くのは特に暑い季節には大変ですが、MRTの駅からバスで来ることもできます。

f0117059_1974330.jpg

国立台湾科学教育館の入館料は、大人が100元で小学生は70元でした。3階から6階が常設展で、3階と4階には生命科学、自然科学の展示、5階と6階には物質科学、数学、地球科学の展示があります。また、5階には空中自転車もあります。体験型の展示も多いので、中国語がわからなくてもそれなりに楽しむことができました。

f0117059_1981282.jpg

国立台湾科学教育館の隣には、台北市児童新楽園という遊園地があります。公立の遊園地で、入園料は大人が30元、小学生が15元という安さです。

f0117059_1984394.jpg

土曜日だったためか、地元の親子連れで賑わっていました。写真の建物の中には、大きなフードコートやゲームセンターが入っています。フードコートのメニューは、ほとんどが中国語のみの表記で、写真のないメニューもあったりで、注文するときに多少の戸惑いはありました。

f0117059_199454.jpg

乗り物は13種類あり、身長によっては乗れなかったり、大人と一緒なら乗れたりします。

f0117059_1992721.jpg

列に並ぶ前に、乗ることができるかどうか確認することができます。

f0117059_1994961.jpg

遊園地によくあるティーカップです。中国語では咖啡杯、英語ではSpinning Tea Cupとなっていました。

f0117059_19102397.jpg

この乗り物は、中国語では宇宙迴旋、英語ではWave Swingerとなっていました。孫も楽しそうに乗っていました。

f0117059_19105667.jpg

土曜日のためか家族連れで賑わっていたと書きましたが、それでもどの乗り物も長時間待つことなく乗ることができました。暑くない季節の平日に来たらもっと楽しめただろうと思います。

f0117059_19111772.jpg

観覧車もあります。中国語では水果摩天輪となっていました。前日に猫空ロープウェイに乗ったとき、ゴンドラの中がとても暑かったので覚悟して乗ったら、何と観覧車の中は冷房が入っていました。屋根の上にソーラーパネルがあるので、これで発電した電気を使っているのでしょうか。

f0117059_19114881.jpg

観覧車からの眺めです。乗り物は、乗る度に悠遊カード Easy Card で20元か30元を支払いました。外国人観光客はほとんど見かけませんでしたが、小学生までなら経済的に遊べて、有名な観光地とは異なる空間で地元の人たちの休日の過ごし方を見ることができ、行ってよかったと思います。帰りは、遊園地を出たところにある停留所からバスに乗り、MRT淡水信義線の剣潭駅まで行きました。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2017-09-02 19:35 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30