ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

タグ:ウィーン ( 10 ) タグの人気記事

フンデルトヴァッサーの美術館 Kunst Haus Wien ウィーン Pinhole Photography


f0117059_18445971.jpg

2010年の冬のオーストリアで撮ったピンホール写真 / 針穴写真の5枚目です。日本では大阪市のゴミ処理工場のデザインなどで有名な、フンデルトヴァッサーの美術館(Kunst Haus Wien)の庭で撮りました。美術館の近くには、フンデルトヴァッサーハウスと呼ばれる直線を使わない外観がユニークな公共住宅もあります。

Kunst Haus Wien(Museum Hundartwasser), Austria
Camera: Anagame 30SB(pinhole camera)
Exposure Time: 2 seconds
Film: Fuji Pro 800

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2012-11-05 19:23 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

本のある窓辺 冬のウィーン オーストリア Pinhole Photography


f0117059_15531525.jpg

2010年の冬のオーストリアで撮ったピンホール写真(針穴写真)の3枚目は、「本のある窓辺」です。厚い雲に覆われている暗くて寒いウィーンの街を歩いていると、モーツァルトが表紙になっている本が窓辺に置かれている光景がありました。色のない世界で、この本の表紙の水色が浮き出て見えました。

Wien, Austria
Camera: Anagame 27Tr(pinhole camera)
Exposure Time: 2 seconds
Film: Fuji Pro 800

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2012-10-29 16:05 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

ハイリゲンシュタットの聖母子像 ウィーン Pinhole Photography


f0117059_16382554.jpg

今日のピンホール写真は、2010年1月にウィーンのハイリゲンシュタットで撮った「雪の日の聖母子像」です。ハイリゲンシュタットにはベートーベンゆかりの建物も多く、ベートーベンが遺書を書いたとされる家も資料館として残されています。この写真の道を、ベートーベンも歩いたことでしょう。

Heiligenstadt, Wien
Camera: Anagame 27Tr(pinhole camera)
Exposure Time: 2 seconds
Film: Fuji Pro 800

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2012-10-22 16:48 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

神話の世界 ウィーン オーストリア Pinhole Photography


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_2116257.jpg

3月17日に始まった「四谷写真塾 第6回合同展」が、昨日最終日を迎えました。余震が続き、原子力発電所も予断を許さない状況の中、多くの方においでいただきどうもありがとうございました。これからも前向きに写真生活を続けていきたいと思います。

今日のピンホール写真は、ウィーンで撮った「神話の世界」です。

写真展見学
 3月24日 中村治写真展「HOME」(新宿ニコンサロン)
 3月24日 「武蔵野美術大学映像学科写真コース」(ニコンサロンbis新宿)
 3月24日 中野智文写真展「Re:Shanghai」(コニカミノルタプラザ)
 3月24日 加瀬健太郎写真展「子どもの宇宙」(コニカミノルタプラザ)
 3月24日 大石芳野写真展「それでも笑みを」(コニカミノルタプラザ)

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2011-03-24 21:24 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

フェルメールの「絵画芸術」 ウィーン ピンホール写真展「時の旋律」


f0117059_9291035.jpg

2010年7月31日から新宿のコニカミノルタプラザでピンホール写真展を開催します。展示する写真を撮影した街を紹介するシリーズ第5回です。前回はドイツのネルトリンゲンでしたが、今日はオーストリアのウィーンです。今日の写真は、美術史美術館に展示されているフェルメールの「絵画芸術」を模写しているところを写しました。この作品は、2008年に東京都美術館で開催された「フェルメール展」で当初展示が予定されていましたが、「修復家による専門的な調査の結果、輸送による影響、特に温湿度の変化に伴い、保存状態の悪化が懸念される」という理由で出品されませんでした。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2010-06-16 09:40 | 個展 「時の旋律」 2010 | Comments(0)

ウィーンの旧式トラムとフォルクスワーゲンバス オーストリア


このブログ内で公開されているピンホール写真につきましては、
『ピンホール写真館(海外)』『ピンホール写真館(国内)』 でご覧いただけます。

f0117059_1942585.jpg

今年に入ってからオーストリアのウィーンにピンホール写真を撮りに行ってきました。夏に予定している個展で展示する作品を補強するため、のはずですが、結果はどうでしょうか。5日間滞在しましたが、4日間は曇りでした。露出計では明るくても2秒から3秒の露光時間が必要と出たのですが、露出計の数値の通りだとアンダーになる可能性があるため、実際には3秒から5秒程度露光しました。これでは動きのあるものは写せません。

1日だけ晴れて青空がきれいな気持ちのいい天気でした。この日はウィーンから路面電車に乗って温泉保養地として有名なバーデンという町に行きました。この日だけは、8分の1秒というピンホールカメラとしては超高速のシャッターを切ることが出来て気持ちよかったです。

さて、ウィーン市内には路面電車が走っており、最近は段差がなく車いすでも自力で乗り降りのできる新型車両も増えていますが、写真のような旧型車両もまだまだたくさん走っています。

f0117059_19402262.jpg

車体の前後や屋根の曲線が好きですね。

f0117059_19424187.jpg

ウィーン市内にあるレオポルト美術館のミュージアムショップで、昨年12月23日の記事でも紹介した1962年製のフォルクスワーゲンのバスのミニチュアを発見。つい買ってしまいました。お値段は7ユーロでした。

写真展見学
 1月11日 Annie Leibovitz展(Kunst Hous Wien) 

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2010-01-17 20:07 | ピンホール写真撮影記録 | Comments(0)

ケルントナー通りの少年 Wien, Austria ウィーン Pinhole Photography


f0117059_19335164.jpg

この土日は所用があって写真は撮れませんでした。今日の写真は、2005年の夏にオーストリアのウィーンで撮ったピンホール写真です。旧市街にあるケルントナー通り、シュテファン寺院のすぐ近くで行われていたストリート・パフォーマンスを見ている少年です。少年とパフォーマンスを見るために立っている人は止まって写っていますが、歩いている人は像が流れています。普通のカメラで撮っていたら、歩いている人も止まって写っていたでしょう。ピンホール写真の面白さの1つだと思います。

写真展見学
 7月13日 2008 第33回公募写真展「視点」神奈川展(横浜市民ギャラリー)

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2008-07-13 19:50 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

笑顔 ウィーンにて オーストリア


f0117059_2247217.jpg

このブログで昨年の11月、2005年の夏にウィーンのケルントナー通りで撮ったピンホール写真を2枚紹介しました。今日の写真は、同じ時にライカMP(レンズはズミクロン50ミリ)で撮った「笑顔」です。

ウィーン旧市街の中心、オペラ座とシュテファン寺院を結ぶケルントナー通りでは、あちこちでストリート・パフォーマンスが見られます。手前の女の子の笑顔を逃すまいと思ってシャッターを切ったため、ピンボケ写真になってしまいました。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2007-03-16 23:03 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(4)

ピンホールカメラで時の流れを写し撮る ケルントナー通り Pinhole Photography


f0117059_20343580.jpg

この写真も2005年の夏、ウィーンのケルントナー通りで撮りました。

午後も遅い時間に近付いており、十分な光がある状態ではありませんでした。

通りの左右を歩く人たちの姿が、スローシャッターのために流れているのに、画面の中心に立っている男の子だけがじっとこちらを見ています。

わずか2秒か3秒の間ですが、時は確実に流れている中で、向かい合ってお互いを見ている撮影者と男の子だけが、時の経過とは無関係に存在しているような錯覚を覚えます。

ピンホールカメラは速いシャッターが切れないからと言ってしまえばそれまでですが、瞬間を切り取るだけでなく、時の流れも写し撮ることの出来るカメラなのだと言うことも出来るのではないでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2006-11-27 20:55 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

ストリート・スナップにはピンホールカメラが最適? ウィーン Pinhole Photography


f0117059_23343175.jpg

ピンホールカメラで写真を撮る時の必需品は、カメラを直接地面やテーブルに置くのでなければ三脚、それと露出計でしょうか。

今使っているカメラのシャッタースピードは快晴の屋外で8分の1秒なので、三脚は必需品です。露出計は内蔵されていないので、これも必需品です。

街中でスナップ写真を撮るのに、ピンホールカメラほど不向きなカメラはないように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか。

上の写真は、2005年の夏にオーストリアのウィーンで撮影したものです。

私の他にもう一人、一眼レフカメラで似顔絵を描いてもらっている男性を撮っている女性がいました。モデルの男性は、写真を撮られていることが気になる様子で、その女性に対して「モデル代もらうよ」というようなことを言って盛んに牽制していました。

その一方で、一眼レフで撮影している女性のすぐ横で、三脚を立てて同じように写真を撮っている私のことを気にしている様子は、全くありませんでした。

自分がモデルの男性の立場で考えてみると、突然自分に向かって見知らぬ人が、一眼レフカメラを構えてバシャバシャとシャッターを切ってきたら、いい気持ちはしないだろうと思います。ピンホールカメラの場合、レンズはないしファインダーもなし、シャッターもないため、それがカメラであると認識されないことも多く、写真を撮られていることに気付かないということもあると思います。

それに、ピント合わせの必要もありません。ピンホールカメラは、実はスナップ写真を撮るのに最も適したカメラなのではないか、と考えることも出来ると思います。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2006-11-23 00:32 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30