ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

タグ:記憶の町 那覇 ( 9 ) タグの人気記事

阪口智聡 ピンホール写真展「記憶の町 那覇」 Pinhole Photography Exhibition


2016年5月27日から6月9日まで、ピンホール写真の個展「記憶の町 那覇」を開催しました。

f0117059_2212432.jpg
f0117059_21121198.jpg
f0117059_22104515.jpg

記憶の町 那覇 SAKAGUCHI Tomoaki Pinhole Photography Exhibition

沖縄戦により壊滅状態となった那覇市。近年は市街地を中心に再開発が進み、沖縄県の県庁所在地として発展しています。沖縄観光の玄関口、中継地点としての重要な役割を果たしつつも、観光産業が描く沖縄のイメージとは少し距離を置いたところにあるのが那覇市だと思います。
強烈な光と熱く湿った空気を全身で感じながら、那覇市内でも観光客が訪れることの少ない住宅地を中心に歩きました。町の風景は変わっているとしても、そこには過去から途切れることなく続いているものが、確かに存在するのだと感じました。ピンホールカメラで那覇の町を撮ることは、今この瞬間の情景を切り取ることではなく、断絶しているように見える過去と現在の光景を、まるごと暗箱に取り込む行為なのではないでしょうか。
日常の煩わしさを一瞬でも忘れ、那覇の町の路地裏をゆったりと歩いている気分を味わっていただけたら幸いです。

期  日  2016年5月27日(金)から6月9日(木)
時  間  10:00から19:00(初日は12:00から、最終日は15:00まで)
会  場  フレームマン ギンザ サロン  Tel. 03-3574-1036
       東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F
アクセス   JR有楽町駅から徒歩5分 / 地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分

カメラ   穴ガメ27TA(焦点距離27ミリ、F135、穴0.2ミリ)
      穴ガメ30SB(焦点距離30ミリ、F150、穴0.2ミリ)
フィルム  フジPRO800、フジPRO400

f0117059_20481127.jpg

2016年5月27日に始まったピンホール写真展「記憶の町 那覇」も、おかげさまで6月9日(木)の午後5時で無事に終了することができました。今回は2011年にコニカミノルタプラザで開催した「記憶の町 青梅」以来、5年ぶりの個展となりました。今回も多数の方に展示をご覧いただき、心より感謝申し上げます。

f0117059_20483585.jpg


f0117059_20485462.jpg

青梅と那覇に続く次の「記憶の町」はどこになるのか。写真展をやるやらないは別にして、「記憶の町」を歩く旅はこれからも続きます。

f0117059_19261487.jpg
6月3日付「岩手日報」に掲載された写真展を紹介する記事。

f0117059_16553837.jpg
6月4日付「下野新聞」に掲載された写真展を紹介する記事。

「読売新聞」5月24日夕刊の首都圏版 ぎゃらりいモール に、写真展情報が掲載されました。
「琉球新報」6月1日 「ピンホールで那覇写す」という見出しで、写真展を紹介する記事が掲載されました。
「沖縄タイムス」6月1日 「ピンホール用い那覇の記憶写す」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「岩手日報」6月3日 「那覇の街味わい深く」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「千葉日報」6月4日 「ピンホールで写す時間」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「愛媛新聞」6月4日 「ピンホールで那覇活写 街の味わい自然に表現」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「下野新聞」6月4日 「ピンホールで那覇写す」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「東奥日報」6月6日 「針穴から捉えた那覇」という見出しで、同上記事が掲載されました。



Tokyo Art Navigation
個展なび
ShareArt

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-06-10 21:23 | 個展「記憶の町 那覇」2016 | Comments(0)

ピンホール写真展「記憶の町 那覇」 琉球新報と沖縄タイムスで紹介 Pinhole Photography


f0117059_23382949.jpg

5年ぶりの個展「記憶の町 那覇」も前半の一週間が終わ、後半が始まりました。ご来場いただいた皆さまには、感謝申し上げます。銀座のフレームマン ギンザ サロンにて、那覇市内で撮影したピンホール写真を32点展示しています。会期は6月9日(木)までです。銀座方面においでの方は、ぜひお立ち寄りください。

f0117059_2247231.jpg

「記憶の町 那覇」を紹介する記事が、琉球新報には「ピンホールで那覇写す」、沖縄タイムスには「ピンホール用い那覇の記憶写す」という見出しで、6月1日(水)に掲載されました。

f0117059_23392172.jpg


f0117059_23395192.jpg


f0117059_23401440.jpg


f0117059_2212432.jpg
f0117059_222289.jpg
f0117059_22104515.jpg

記憶の町 那覇 SAKAGUCHI Tomoaki Pinhole Photography Exhibition

沖縄戦により壊滅状態となった那覇市。近年は市街地を中心に再開発が進み、沖縄県の県庁所在地として発展しています。沖縄観光の玄関口、中継地点としての重要な役割を果たしつつも、観光産業が描く沖縄のイメージとは少し距離を置いたところにあるのが那覇市だと思います。
強烈な光と熱く湿った空気を全身で感じながら、那覇市内でも観光客が訪れることの少ない住宅地を中心に歩きました。町の風景は変わっているとしても、そこには過去から途切れることなく続いているものが、確かに存在するのだと感じました。ピンホールカメラで那覇の町を撮ることは、今この瞬間の情景を切り取ることではなく、断絶しているように見える過去と現在の光景を、まるごと暗箱に取り込む行為なのではないでしょうか。
日常の煩わしさを一瞬でも忘れ、那覇の町の路地裏をゆったりと歩いている気分を味わっていただけたら幸いです。

期  日  2016年5月27日(金)から6月9日(木)
時  間  10:00から19:00(初日は12:00から、最終日は15:00まで)
会  場  フレームマン ギンザ サロン  Tel. 03-3574-1036
       東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F 地図
アクセス   JR有楽町駅から徒歩5分 / 地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分

f0117059_19261487.jpg
6月3日付「岩手日報」に掲載された写真展を紹介する記事。

「読売新聞」5月24日夕刊の首都圏版 ぎゃらりいモール に、写真展情報が掲載されました。
「琉球新報」6月1日 「ピンホールで那覇写す」という見出しで、写真展を紹介する記事が掲載されました。
「沖縄タイムス」6月1日 「ピンホール用い那覇の記憶写す」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「岩手日報」6月3日 「那覇の街味わい深く」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「千葉日報」6月4日 「ピンホールで写す時間」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「愛媛新聞」6月4日 「ピンホールで那覇活写 街の味わい自然に表現」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「下野新聞」6月4日 「ピンホールで那覇写す」という見出しで、同上記事が掲載されました。
「東奥日報」6月6日 「針穴から捉えた那覇」という見出しで、同上記事が掲載されました。



Tokyo Art Navigation
個展なび
ShareArt

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-06-03 23:54 | 個展「記憶の町 那覇」2016 | Comments(0)

ピンホール写真展「記憶の町 那覇」 始まりました Pinhole Photography


f0117059_22364252.jpg

5年ぶりの個展が本日、銀座のフレームマン ギンザ サロンにて初日を迎えました。那覇市内で撮ったピンホール写真を32点展示しています。会期中銀座方面においでの方は、ぜひお立ち寄りください。

f0117059_2239184.jpg

会場では猫たちだけでなく、犬もご来場をお待ちしています。

f0117059_22401787.jpg

何やら不思議な写真も何点か展示してありますので、会場にてお楽しみいただければと思います。

f0117059_22414935.jpg


f0117059_22554841.jpg

展示作業が早めに終わり、写真展初日の昼食は銀座わしたショップでタコライスを食べました。

f0117059_2212432.jpg
f0117059_222289.jpg
f0117059_22104515.jpg

記憶の町 那覇 SAKAGUCHI Tomoaki Pinhole Photography Exhibition

沖縄戦により壊滅状態となった那覇市。近年は市街地を中心に再開発が進み、沖縄県の県庁所在地として発展しています。沖縄観光の玄関口、中継地点としての重要な役割を果たしつつも、観光産業が描く沖縄のイメージとは少し距離を置いたところにあるのが那覇市だと思います。
強烈な光と熱く湿った空気を全身で感じながら、那覇市内でも観光客が訪れることの少ない住宅地を中心に歩きました。町の風景は変わっているとしても、そこには過去から途切れることなく続いているものが、確かに存在するのだと感じました。ピンホールカメラで那覇の町を撮ることは、今この瞬間の情景を切り取ることではなく、断絶しているように見える過去と現在の光景を、まるごと暗箱に取り込む行為なのではないでしょうか。
日常の煩わしさを一瞬でも忘れ、那覇の町の路地裏をゆったりと歩いている気分を味わっていただけたら幸いです。

期  日  2016年5月27日(金)から6月9日(木)
時  間  10:00から19:00(初日は12:00から、最終日は15:00まで)
会  場  フレームマン ギンザ サロン  Tel. 03-3574-1036
       東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F 地図
アクセス   JR有楽町駅から徒歩5分 / 地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分

f0117059_20291810.jpg
2016年5月24日 読売新聞夕刊 首都圏版 ぎゃらりいモール

Tokyo Art Navigation
個展なび
ShareArt

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-05-27 22:49 | 個展「記憶の町 那覇」2016 | Comments(0)

赤木圭一郎「抜き射ちの竜」 記憶の町 那覇 ピンホール写真展 Pinhole Photography


f0117059_21103135.jpg

2012年2月、那覇市中心部の裏通りで撮ったピンホール写真 / 針穴写真です。赤木圭一郎主演で浅丘ルリ子がヒロイン役の日活映画「抜き射ちの竜」(1960年制作)のポスターのようですが、なぜそこにあるのかは分かりません。

Naha City, Okinawa
Camera: Anagame 30SB(pinhole camera)
Exposure Time: 1 second
Film: Fuji Pro 400

5年ぶりの個展を、2016年5月27日から銀座のギャラリーで開催します。那覇市内で撮ったピンホール写真を32点展示します。会期中銀座方面においでの方は、ぜひお立ち寄りください。

f0117059_2212432.jpg
f0117059_222289.jpg
f0117059_22104515.jpg

記憶の町 那覇 SAKAGUCHI Tomoaki Pinhole Photography Exhibition

沖縄戦により壊滅状態となった那覇市。近年は市街地を中心に再開発が進み、沖縄県の県庁所在地として発展しています。沖縄観光の玄関口、中継地点としての重要な役割を果たしつつも、観光産業が描く沖縄のイメージとは少し距離を置いたところにあるのが那覇市だと思います。
強烈な光と熱く湿った空気を全身で感じながら、那覇市内でも観光客が訪れることの少ない住宅地を中心に歩きました。町の風景は変わっているとしても、そこには過去から途切れることなく続いているものが、確かに存在するのだと感じました。ピンホールカメラで那覇の町を撮ることは、今この瞬間の情景を切り取ることではなく、断絶しているように見える過去と現在の光景を、まるごと暗箱に取り込む行為なのではないでしょうか。
日常の煩わしさを一瞬でも忘れ、那覇の町の路地裏をゆったりと歩いている気分を味わっていただけたら幸いです。

期  日  2016年5月27日(金)から6月9日(木)
時  間  10:00から19:00(初日は12:00から、最終日は15:00まで)
会  場  フレームマン ギンザ サロン  Tel. 03-3574-1036
       東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F 地図
アクセス   JR有楽町駅から徒歩5分 / 地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分

f0117059_20291810.jpg
2016年5月24日 読売新聞夕刊 首都圏版 ぎゃらりいモール

Tokyo Art Navigation
個展なび
ShareArt

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-05-22 21:32 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

那覇国際通り裏 記憶の町 那覇 ピンホール写真展 Pinhole Photography


f0117059_20273511.jpg

2015年11月、那覇市の国際通りから少し入ったところで撮ったピンホール写真 / 針穴写真です。活気にあふれている国際通りとは対照的な空気と時間が流れています。

Naha City, Okinawa
Camera: Anagame 30SB(pinhole camera)
Exposure Time: 1/4 second
Film: Fuji Pro 400

5年ぶりの個展を、2016年5月27日から銀座のギャラリーで開催します。那覇市内で撮ったピンホール写真を32点展示します。会期中銀座方面においでの方は、ぜひお立ち寄りください。

f0117059_2212432.jpg
f0117059_222289.jpg
f0117059_22104515.jpg

記憶の町 那覇 SAKAGUCHI Tomoaki Pinhole Photography Exhibition

沖縄戦により壊滅状態となった那覇市。近年は市街地を中心に再開発が進み、沖縄県の県庁所在地として発展しています。沖縄観光の玄関口、中継地点としての重要な役割を果たしつつも、観光産業が描く沖縄のイメージとは少し距離を置いたところにあるのが那覇市だと思います。
強烈な光と熱く湿った空気を全身で感じながら、那覇市内でも観光客が訪れることの少ない住宅地を中心に歩きました。町の風景は変わっているとしても、そこには過去から途切れることなく続いているものが、確かに存在するのだと感じました。ピンホールカメラで那覇の町を撮ることは、今この瞬間の情景を切り取ることではなく、断絶しているように見える過去と現在の光景を、まるごと暗箱に取り込む行為なのではないでしょうか。
日常の煩わしさを一瞬でも忘れ、那覇の町の路地裏をゆったりと歩いている気分を味わっていただけたら幸いです。

期  日  2016年5月27日(金)から6月9日(木)
時  間  10:00から19:00(初日は12:00から、最終日は15:00まで)
会  場  フレームマン ギンザ サロン  Tel. 03-3574-1036
       東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F 地図
アクセス   JR有楽町駅から徒歩5分 / 地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分

f0117059_20291810.jpg
2016年5月24日 読売新聞夕刊 首都圏版 ぎゃらりいモール

Tokyo Art Navigation
個展なび
ShareArt

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-05-20 20:39 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

阪口智聡 ピンホール写真展「記憶の町 那覇」 Pinhole Photography Exhibition


5年ぶりの個展を、2016年5月27日から銀座のギャラリーで開催します。那覇市内で撮ったピンホール写真を32点展示します。会期中銀座方面においでの方は、ぜひお立ち寄りください。

f0117059_2212432.jpg
f0117059_222289.jpg
f0117059_22104515.jpg

記憶の町 那覇 SAKAGUCHI Tomoaki Pinhole Photography Exhibition

沖縄戦により壊滅状態となった那覇市。近年は市街地を中心に再開発が進み、沖縄県の県庁所在地として発展しています。沖縄観光の玄関口、中継地点としての重要な役割を果たしつつも、観光産業が描く沖縄のイメージとは少し距離を置いたところにあるのが那覇市だと思います。
強烈な光と熱く湿った空気を全身で感じながら、那覇市内でも観光客が訪れることの少ない住宅地を中心に歩きました。町の風景は変わっているとしても、そこには過去から途切れることなく続いているものが、確かに存在するのだと感じました。ピンホールカメラで那覇の町を撮ることは、今この瞬間の情景を切り取ることではなく、断絶しているように見える過去と現在の光景を、まるごと暗箱に取り込む行為なのではないでしょうか。
日常の煩わしさを一瞬でも忘れ、那覇の町の路地裏をゆったりと歩いている気分を味わっていただけたら幸いです。

期  日  2016年5月27日(金)から6月9日(木)
時  間  10:00から19:00(初日は12:00から、最終日は15:00まで)
会  場  フレームマン ギンザ サロン  Tel. 03-3574-1036
       東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F 地図
アクセス   JR有楽町駅から徒歩5分 / 地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分

f0117059_22493330.jpg

「記憶の町 那覇」を紹介する記事が、琉球新報には「ピンホールで那覇写す」、沖縄タイムスには「ピンホール用い那覇の記憶写す」という見出しで、6月1日(水)に掲載されました。また、6月4日(土)の千葉日報にも同記事が掲載されました。

f0117059_20291810.jpg
2016年5月24日 読売新聞夕刊 首都圏版 ぎゃらりいモール

Tokyo Art Navigation
個展なび
ShareArt

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-05-14 21:17 | 個展「記憶の町 那覇」2016 | Comments(0)

那覇の海(3) 波の上ビーチ 記憶の町 那覇 ピンホール写真 Pinhole Photography


f0117059_10375678.jpg

2015年11月、那覇市の波の上ビーチで撮ったピンホール写真 / 針穴写真です。那覇空港から車で約15分のところにある海岸で、4月1日から10月31日まで泳ぐことができます。目の前には波之上臨港道路と那覇西道路が走っています。道路ができる前はどんな景色が見られたのでしょうか。

Naminoue Beach, Naha City, Okinawa
Camera: Anagame 30SB(pinhole camera)
Exposure Time: 1/4 second
Film: Fuji Pro 400

5年ぶりの個展を、2016年5月27日から銀座のギャラリーで開催します。那覇市内で撮ったピンホール写真を32点展示します。会期中銀座方面においでの方は、ぜひお立ち寄りください。

f0117059_2212432.jpg
f0117059_222289.jpg
f0117059_22104515.jpg

記憶の町 那覇 SAKAGUCHI Tomoaki Pinhole Photography Exhibition

沖縄戦により壊滅状態となった那覇市。近年は市街地を中心に再開発が進み、沖縄県の県庁所在地として発展しています。沖縄観光の玄関口、中継地点としての重要な役割を果たしつつも、観光産業が描く沖縄のイメージとは少し距離を置いたところにあるのが那覇市だと思います。
強烈な光と熱く湿った空気を全身で感じながら、那覇市内でも観光客が訪れることの少ない住宅地を中心に歩きました。町の風景は変わっているとしても、そこには過去から途切れることなく続いているものが、確かに存在するのだと感じました。ピンホールカメラで那覇の町を撮ることは、今この瞬間の情景を切り取ることではなく、断絶しているように見える過去と現在の光景を、まるごと暗箱に取り込む行為なのではないでしょうか。
日常の煩わしさを一瞬でも忘れ、那覇の町の路地裏をゆったりと歩いている気分を味わっていただけたら幸いです。

期  日  2016年5月27日(金)から6月9日(木)
時  間  10:00から19:00(初日は12:00から、最終日は15:00まで)
会  場  フレームマン ギンザ サロン  Tel. 03-3574-1036
       東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F
アクセス   JR有楽町駅から徒歩5分 / 地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-05-08 11:01 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

那覇の海(2)那覇港若狭バース 記憶の町 那覇 ピンホール写真 Pinhole Photography


f0117059_22511058.jpg

2012年7月5日、上海から那覇港若狭バースに寄港した大型観光クルーズ船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」のピンホール写真 / 針穴写真です。全長310メートル、高さ約63メートルという巨大な船です。多くの乗船客が那覇国際通りを目指して歩く姿が見られました。

Voyager of the Seas, Naha, Okinawa
Camera: Anagame 30SB(pinhole camera)
Exposure Time: 1/4 second
Film: Fuji Pro 400

5年ぶりの個展を、2016年5月27日から銀座のギャラリーで開催します。那覇市内で撮ったピンホール写真を32点展示します。会期中銀座方面においでの方は、ぜひお立ち寄りください。

f0117059_2212432.jpg
f0117059_222289.jpg
f0117059_22104515.jpg

記憶の町 那覇 SAKAGUCHI Tomoaki Pinhole Photography Exhibition

沖縄戦により壊滅状態となった那覇市。近年は市街地を中心に再開発が進み、沖縄県の県庁所在地として発展しています。沖縄観光の玄関口、中継地点としての重要な役割を果たしつつも、観光産業が描く沖縄のイメージとは少し距離を置いたところにあるのが那覇市だと思います。
強烈な光と熱く湿った空気を全身で感じながら、那覇市内でも観光客が訪れることの少ない住宅地を中心に歩きました。町の風景は変わっているとしても、そこには過去から途切れることなく続いているものが、確かに存在するのだと感じました。ピンホールカメラで那覇の町を撮ることは、今この瞬間の情景を切り取ることではなく、断絶しているように見える過去と現在の光景を、まるごと暗箱に取り込む行為なのではないでしょうか。
日常の煩わしさを一瞬でも忘れ、那覇の町の路地裏をゆったりと歩いている気分を味わっていただけたら幸いです。

期  日  2016年5月27日(金)から6月9日(木)
時  間  10:00から19:00(初日は12:00から、最終日は15:00まで)
会  場  フレームマン ギンザ サロン  Tel. 03-3574-1036
       東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F
アクセス   JR有楽町駅から徒歩5分 / 地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-05-07 23:01 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

那覇の海(1) 記憶の町 那覇 ピンホール写真 Pinhole Photography


f0117059_21164286.jpg

那覇市の海岸で2014年1月に撮ったピンホール写真 / 針穴写真です。この階段はどこまでつながっているのでしょうか。自分で撮った写真ですが、なんだか不思議な感じがします。

Naha, Okinawa
Camera: Anagame 27TA(pinhole camera)
Exposure Time: 1/4 second
Film: Fuji Pro 400

5年ぶりの個展を、2016年5月27日から銀座のギャラリーで開催します。那覇市内で撮ったピンホール写真を32点展示します。会期中銀座方面においでの方は、ぜひお立ち寄りください。

f0117059_2212432.jpg
f0117059_222289.jpg
f0117059_22104515.jpg

記憶の町 那覇 SAKAGUCHI Tomoaki Pinhole Photography Exhibition

沖縄戦により壊滅状態となった那覇市。近年は市街地を中心に再開発が進み、沖縄県の県庁所在地として発展しています。沖縄観光の玄関口、中継地点としての重要な役割を果たしつつも、観光産業が描く沖縄のイメージとは少し距離を置いたところにあるのが那覇市だと思います。
強烈な光と熱く湿った空気を全身で感じながら、那覇市内でも観光客が訪れることの少ない住宅地を中心に歩きました。町の風景は変わっているとしても、そこには過去から途切れることなく続いているものが、確かに存在するのだと感じました。ピンホールカメラで那覇の町を撮ることは、今この瞬間の情景を切り取ることではなく、断絶しているように見える過去と現在の光景を、まるごと暗箱に取り込む行為なのではないでしょうか。
日常の煩わしさを一瞬でも忘れ、那覇の町の路地裏をゆったりと歩いている気分を味わっていただけたら幸いです。

期  日  2016年5月27日(金)から6月9日(木)
時  間  10:00から19:00(初日は12:00から、最終日は15:00まで)
会  場  フレームマン ギンザ サロン  Tel. 03-3574-1036
       東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ2F
アクセス   JR有楽町駅から徒歩5分 / 地下鉄銀座駅C1出口から徒歩1分

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-04-20 10:33 | ピンホール写真館(国内) | Comments(2)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30