「ほっ」と。キャンペーン

ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

タグ:韓国 ( 20 ) タグの人気記事

タルトンネの面影 東仁川 タルトンネ博物館周辺 ソウル・仁川・水原 2016年11月(6)


f0117059_22172873.jpg

東仁川(トンインチョン)の松峴(ソンヒョン)近隣公園にある水道局山タルトンネ博物館の見学を終えてから、公園の周辺を歩いてみました。高層マンションが目につきますが、一歩路地を入るとタルトンネの面影を感じる家並みがありました。

水道局山タルトンネ博物館 수도국산달동네박물관:
「タルトンネ」と呼ばれる低所得者層が集まる高台の集落をテーマにした博物館。敷地周辺に実際にあったタルトンネの1960~1970年代の家屋を実物大のジオラマで再現するなどし、当時の暮らしぶりを実感しやすく展示。(KONESTから)

タルトンネ(月の町):
「貧しい人々が集まり暮らす山の背や山すその斜面にある町」を抒情的に表現した用語。1960年代の経済開発過程で都市に人口が急激に集中し住宅が不足するようになり、貧しい人々が段々と一つところに集まり暮らし始めたことから発生した。(水道局山タルトンネ博物館のパンフレットから)

f0117059_2218516.jpg


f0117059_22182986.jpg


f0117059_22185237.jpg


f0117059_22191839.jpg


f0117059_22194355.jpg


f0117059_222085.jpg


f0117059_22203929.jpg


f0117059_2221558.jpg


f0117059_22212736.jpg


f0117059_22215056.jpg

松峴(ソンヒョン)教会です。韓国には立派な建物の教会がたくさんあります。

f0117059_22221633.jpg

タルトンネ博物館を出て写真を撮りながら歩き、坂を下りきったところで撮った写真です。水道局山に建つ高層マンションがたくさん見えます。

ソウル・仁川・水原 2016年11月(1)羽田空港国際線 サクララウンジ Sakura Lounge 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(2)KE2708便とKE2711便の機材と機内食 大韓航空 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(3)ホテル テウ イン Hotel Daewoo Inn 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(4)東仁川駅 から 水道局山タルトンネ博物館 への坂道 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(5)水道局山タルトンネ博物館 東仁川 

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-12-09 22:51 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(2)

水道局山タルトンネ博物館 東仁川 ソウル・仁川・水原 2016年11月(5)


f0117059_22155799.jpg

タルトンネ博物館は、地下鉄1号線の東仁川(トンインチョン)駅の4番出口を出て駅前広場前の横断歩道を渡り、商店街に入ってそのまま歩いた坂の頂上にある松峴(ソンヒョン)近隣公園の中にあります。写真は公園にあった馬乗りをする子どもです。今から50年近く前の小学生だったとき、寒い季節の休み時間によくやりました。危険な遊びということで、担任の先生からはやらないように言われていました。

水道局山タルトンネ博物館 수도국산달동네박물관:
「タルトンネ」と呼ばれる低所得者層が集まる高台の集落をテーマにした博物館。敷地周辺に実際にあったタルトンネの1960~1970年代の家屋を実物大のジオラマで再現するなどし、当時の暮らしぶりを実感しやすく展示。(KONESTから)

タルトンネ(月の町):
「貧しい人々が集まり暮らす山の背や山すその斜面にある町」を抒情的に表現した用語。1960年代の経済開発過程で都市に人口が急激に集中し住宅が不足するようになり、貧しい人々が段々と一つところに集まり暮らし始めたことから発生した。(水道局山タルトンネ博物館のパンフレットから)

f0117059_2217086.jpg

タルトンネ博物館の外観です。

f0117059_22172450.jpg

タルトンネ博物館の入口です。入館料は大人1,000ウォンで、休館日は毎週月曜日と1月1日、旧正月(ソルラル)、秋夕(チュソク、旧暦8月15日)です。開館時間は午前9時から午後6時までですが、入館できるのは午後5時半までです。

f0117059_22202185.jpg

これは茶房(タバン)と呼ばれる昔ながらの喫茶店を再現したものです。

f0117059_22204489.jpg

ミュージックボックスには、「サウンド・オブ・ミュージック」などのレコードが見えます。

f0117059_2222112.jpg

ハングルのタイプライターは初めて見ましたが、英文タイプライターとキーの数は同じぐらいでしょうか。昔仕事で和文タイプライターを使ったことがありますが、漢字を探すのに時間がかかって大変だったことを思い出します。

f0117059_22183357.jpg

階段を下りて地下1階の展示室に入ったところです。

f0117059_22222344.jpg

高層マンションが建ち、タルトンネの風景が変わり始めたころの写真でしょうか。

f0117059_22224270.jpg

いくつかの幼稚園から見学に来ていました。

f0117059_2223452.jpg

これは絵なのですが、見ると街を歩いている気分になります。

f0117059_2223269.jpg

昔のタルトンネがリアルに再現されています。

f0117059_22234890.jpg

薪だとご飯を炊くのも大仕事ですね。1960年代に私が住んでいた東京都内の家は、台所はガスでしたが、風呂は薪で焚いていました。当時はシャワーなどなく、風呂に毎日入るということもありませんでした。夏は行水で済ませたり、冬は3日に1度とかだったように思います。

f0117059_22241765.jpg

家族全員でマッチ箱の組み立ての内職をしている様子です。

f0117059_22244373.jpg

1960~70年代のタルトンネにタイムスリップした気分が味わえます。

f0117059_2225398.jpg

共同トイレです。夜中にトイレに行くのは大変だったと思います。トイレ掃除の当番が順番で回ってきたりしたのでしょうか。

f0117059_2225277.jpg

再現された展示ではありますが、路地を歩いていると迷子になりそうです。

f0117059_22254780.jpg

テレビのプロレス中継を見ています。黒電話もあります。タルトンネでも、比較的豊かな家庭のようです。

f0117059_22273267.jpg

新聞紙が壁紙として使われています。

f0117059_22261028.jpg

タルトンネ博物館の近くには、園児を乗せてきたバスが停まっていました。

ソウル・仁川・水原 2016年11月(1)羽田空港国際線 サクララウンジ Sakura Lounge
ソウル・仁川・水原 2016年11月(2)KE2708便とKE2711便の機材と機内食 大韓航空 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(3)ホテル テウ イン Hotel Daewoo Inn 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(4)東仁川駅 から 水道局山タルトンネ博物館 への坂道  
ソウル・仁川・水原 2016年11月(6)タルトンネの面影 東仁川 タルトンネ博物館周辺 

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-12-08 00:50 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

東仁川駅 から 水道局山タルトンネ博物館 への坂道 ソウル・仁川・水原 2016年11月(4)


f0117059_22275852.jpg

ソウルの市庁駅から地下鉄1号線の仁川行きに乗り、終点の1つ手前の東仁川駅で降りて、水道局山タルトンネ博物館に行きました。東仁川(トンインチョン)駅の4番出口を出て駅前広場前の横断歩道を渡り、商店街に入ってそのまま歩くとかなりきつい坂道になります。坂の頂上の左手の松峴(ソンヒョン)近隣公園の中に博物館があります。韓国の公園でよく見かける健康器具が、坂の途中にもありました。

タルトンネ(月の町):
「貧しい人々が集まり暮らす山の背や山すその斜面にある町」を抒情的に表現した用語。1960年代の経済開発過程で都市に人口が急激に集中し住宅が不足するようになり、貧しい人々が段々と一つところに集まり暮らし始めたことから発生した。(水道局山タルトンネ博物館のパンフレットから)


f0117059_22282771.jpg

この坂道、今回は最高気温6度の寒い日でしたが、夏だったらかなりつらいと思います。

f0117059_22284552.jpg

かつてのタルトンネも、今では高層マンションが立ち並んでいます。

f0117059_2229221.jpg

この傾斜だと、雪が降ればスリップ事故が起こりそうです。

f0117059_22292642.jpg

坂を上り切って振り向いて見た眺めです。

f0117059_22294749.jpg

松峴近隣公園の中に水道局山タルトンネ博物館があります。

f0117059_2230876.jpg

博物館の隣にも高層マンションが建っています。

ソウル・仁川・水原 2016年11月(1)羽田空港国際線 サクララウンジ Sakura Lounge
ソウル・仁川・水原 2016年11月(2)KE2708便とKE2711便の機材と機内食 大韓航空 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(3)ホテル テウ イン Hotel Daewoo Inn 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(5)水道局山タルトンネ博物館 東仁川 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(6)タルトンネの面影 東仁川 タルトンネ博物館周辺

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-11-21 23:20 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

ホテル テウ イン Hotel Daewoo Inn ソウル・仁川・水原 2016年11月(3)


f0117059_2333279.jpg

今回の旅で泊まったソウルのホテルは、ホテル大祐(テウ)イン 호텔대우인 のシングルルームです。地下鉄1号線と2号線の市庁(シチョン)駅の7番出口から徒歩5分ほどで、観光にはとても便利な立地です。金浦空港からは空港鉄道でソウル駅まで約20分、地下鉄1号線に乗り換えて1駅の市庁で降ります。

f0117059_23332211.jpg

温冷浄水器が各階の廊下にあり、部屋には水筒が置いてあります。シングルルームには室内金庫はありません。

f0117059_23335584.jpg

シングルルームはとにかく狭いのですが、スーツケースを広げられる程度の広さはあります。

f0117059_23502777.jpg

滞在中はとても寒い日もありましたが、オンドルのため室内は暖かく快適でした。室内で無料のWi-Fiが利用できます。

f0117059_23505066.jpg

シャワーとトイレは分かれておらず、カーテンなども無いため、トイレを濡らさずにシャワーを浴びるのは大変です。

f0117059_2351124.jpg

地下1階が食堂になっており、朝8時から9時半まで無料で朝食を食べることができます。

f0117059_23513514.jpg

スープは味噌汁、シチュー、カレー味のスープなど、毎日違うものが用意されていました。メインになる料理があるわけではありませんが、おかずも毎日少しずつ違う内容でした。

f0117059_23515743.jpg

コーヒーも飲めてよかったです。

f0117059_23521867.jpg

部屋のコンセントは2種類あり、充電などするのに日本から持って行ったものをそのまま使えるので便利です。

f0117059_23524196.jpg

ドライヤーはテレビの置いてあるデスクの引き出しに入っていました。

宿泊料金の安いホテルに慣れている人には、立地が良く朝食が無料など、おすすめのホテルです。ただ、バスルームの使い勝手などから、ホテルで快適に過ごしたいという人には向かないかもしれません。

ソウル・仁川・水原 2016年11月(1)羽田空港国際線 サクララウンジ Sakura Lounge
ソウル・仁川・水原 2016年11月(2)KE2708便とKE2711便の機材と機内食 大韓航空 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(4)東仁川駅から水道局山タルトンネ博物館への坂道
ソウル・仁川・水原 2016年11月(5)水道局山タルトンネ博物館 東仁川 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(6)タルトンネの面影 東仁川 タルトンネ博物館周辺

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-11-16 01:16 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

KE2708便とKE2711便の機材と機内食 大韓航空 ソウル・仁川・水原 2016年11月(2)


f0117059_20413960.jpg

羽田から金浦までは、今年3月と同じ大韓航空のKE2708便に乗りました。機材はBoeing777-300です。大韓航空のエコノミークラスの座席は、シートピッチが広いので楽です。

f0117059_2041581.jpg

早めに乗り込んでエコノミークラスの後方の席を写してみました。

f0117059_20421677.jpg

サクララウンジで食事はたっぷりいただいたので、機内食はパスしてもよかったのですが、食べ始めるとそれなりに食べられるものです。梅ゼリーは3月に乗った時もありました。

f0117059_20423280.jpg

2時間ほどのフライトでは、映画1本を最後まで観ることはできません。今どこを飛んでいるか見ているうちに到着してしまいます。

f0117059_20425146.jpg

金浦空港で撮った羽田行きのKE2711便です。機材はBoeing777-200ERです。

f0117059_2043796.jpg

KE2711便の機内食です。大きな豆腐は3月に乗った便にもありました。

f0117059_20432729.jpg

KE2711便は金浦19:30発です。離陸直後から機内食のサービスが始まるまでと、機内食のサービス終了後は照明が落とされます。

ソウル・仁川・水原 2016年11月(1)羽田空港国際線 サクララウンジ Sakura Lounge 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(3)ホテル テウ イン Hotel Daewoo Inn
ソウル・仁川・水原 2016年11月(4)東仁川駅から水道局山タルトンネ博物館への坂道 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(5)水道局山タルトンネ博物館 東仁川 
ソウル・仁川・水原 2016年11月(6)タルトンネの面影 東仁川 タルトンネ博物館周辺

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-11-12 21:52 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

現代レジデンス ジュニア・ファミリー ソウル市中区忠武路 ソウル旅 2016年9月(2)


f0117059_21552033.jpg

今月2016年9月は、3月以来半年ぶりにソウルに行ってきました。今回も3月と同じ現代レジデンス(ヒョンデレジデンス)に泊まりました。写真は屋上ガーデンから撮ったホテルの前にある公園です。この公園にはいくつかの健康器具が設置されています。旅行中の運動不足解消に役立つかもしれません。

f0117059_21555291.jpg

3月は最上階15階の1502号室のツインで、今回はお隣の1501号室のジュニア・ファミリーです。孫を含む4人での旅でしたが、ダブルベッド1つとシングルベッド2つのジュニア・ファミリーは十分な広さでした。

f0117059_2156318.jpg

テレビは100を超えるチャンネルを見ることができます。どんな番組があるか一巡するだけで相当時間がかかります。

f0117059_2157289.jpg

部屋にはキッチン、冷蔵庫、洗濯機などがありますが、バスタブはなくシャワーのみで、室内金庫はありません。初日に冷蔵庫を開けるとミネラルウォーターが2本入っていました。ホテルの案内には初日だけミネラルウォーターのサービスありとなっていますが、なぜか二日目と三日目には3本のミネラルウォーターが冷蔵庫に入っていました。

f0117059_21572877.jpg

コンセントの形状が日本とは違いますが、フロントで5,000ウォンのデポジットを払うとアダプターを貸してくれます。デポジットの5,000ウォンはチェックアウト時に返金されます。

f0117059_2158752.jpg

1501号室からの眺めです。中部市場のアーケードの屋根が見えます。1501号室は角部屋で、2方向の眺望を楽しむことができます。

f0117059_21583455.jpg

屋上ガーデンからは、Nソウルタワー(南山タワー)が見えます。

現代レジデンスについては、現代レジデンス ソウル市中区忠武路5街 ソウル旅 2016年3月(2)もご覧ください。

f0117059_21594331.jpg

現代レジデンスの地下鉄の最寄り駅は2号線と5号線の乙支路4街(ウルチロサガ)駅ですが、他にも3号線と4号線の忠武路(チュンムロ)駅、5号線の東大門歴史文化公園駅からも歩けます。金浦空港からだと5号線で乗り換えなしで行くことができます。乙支路4街駅から現代レジデンスへの行き方は、8番出口を出て歩くという案内がほとんどですが、おすすめの行き方は中部市場を通る行き方です。

f0117059_220588.jpg

8番出口へ向かう階段を右手に見て、その左の地下通路をまっすぐ東大門歴史文化公園方面に向かって進みます。

f0117059_2202992.jpg

しばらく歩くと左手に写真の階段が見えます。

f0117059_2205482.jpg

階段を上って外に出ると、すぐ右手に中部市場が見えます。横断歩道を渡って中部市場に入り、そのまま進んで中部市場を抜けると、左斜め前に15階建ての現代レジデンスが目に入ります。あとは道を渡って少し歩けば到着です。海産加工品の店を見ながら歩けば楽しいし、雨が降っていても中部市場には屋根があるので、8番出口から歩くよりもおすすめです。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-09-29 23:04 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

甘川文化村 カムチョンムナマウル(2) 釜山市甘川洞 2016年7月 釜山の旅(2)


f0117059_2115994.jpg

釜山の街を歩いていると、とにかくよく猫を見かけます。これほど猫との遭遇率が高い街はあまり経験がありません。この写真の猫はもちろん本物ではありません。

f0117059_2164755.jpg

こちらは本物の釜山の猫です。曇り空の白が飛んでしまいましたが、ここは被写体優先ということで勘弁願います。

f0117059_2171085.jpg

甘川文化村の標高は200~300メートルですが、この風景を見るともっと高い山に登った気分になります。

f0117059_2173449.jpg

「村ごとオブジェ」の甘川文化村ですが、「住民が暮らしているので静かに」と書かれた看板があります。

f0117059_2175593.jpg

魚の道案内があちらにもこちらにもあるので、適当に歩いても迷子になることはなさそうです。

f0117059_2181921.jpg

観光客として訪れるのは楽しいですが、住民として暮らすのは大変そうです。

f0117059_219011.jpg

ただ歩くだけでワクワクする路地です。雨降りでなく、青空の見られる日に再度訪れてみたい街です。

f0117059_2192274.jpg

最近の流行なのでしょうか。ソウルでも見かけましたが、昔の学生服を貸し出している店です。レトロな服装で街歩きを楽しもうということなのでしょう。

f0117059_2194755.jpg

甘川洞ではこれぐらいだと緩やかな坂道ということになると思います。

f0117059_2112455.jpg

ここはスタンプラリーの終着点となるコミュニティーセンターで、スタンプを集めた人はポストカードがもらえます。銭湯をイメージした展示も見られます。次回は傘をさしたり雨にぬれたりすることなく歩き回りたいと思います。



このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-07-22 22:03 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

甘川文化村 カムチョンムナマウル(1) 釜山市甘川洞 2016年7月 釜山の旅(1)


f0117059_208355.jpg

先週、突然思いついて釜山に二泊三日で行ってきました。雨に降られてしまいましたが、前から行きたいと思っていた釜山市甘川洞(カムチョンドン)の甘川文化村に行くことができました。釜山のマチュピチュと称される甘川洞は、もともと朝鮮戦争のときに南に向かって逃げてきた避難民たちが住み着いてできたということです。

f0117059_9224092.jpg

釜山は山に囲まれた港町です。その山肌にはへばりつくようにして家々が立ち並んでいるのが見えます。甘川洞は、2009年に始まったマチュピチュプロジェクトで家屋はカラフルに塗られ、アートの街として観光名所になりました。

f0117059_92337.jpg

甘川文化村へはマウルバスという小さなバスに乗り、曲がりくねった急な坂道を登って行きます。今回は、地下鉄1号線土城(トソン)駅の6番出口から出て最初の道を右に曲がって少し歩くとある釜山大学病院(プサンテハックピョンウォン)という停留所でマウルバス2-2番に乗り、甘川文化村(カムチョンムナマウル)の停留所で降りました。

f0117059_92325100.jpg

マウルバスの車内です。地下鉄でも使える各種プリペイドカードで運賃の支払いができます。

f0117059_9235064.jpg

バス停の近くにある甘川文化村案内センターです。ここで甘川文化村の地図を2,000ウォンで買いました。日本語の地図もあります。

f0117059_9241836.jpg

スタンプを9個集めるとポストカードがもらえます。スタンプが置いてあるところは地図に載っていますが、わかりにくく通り過ぎてしまうこともありました。雨降りの日のスタンプラリーは結構大変です。

f0117059_9244195.jpg

記念写真を撮りたくなる駐車場です。

f0117059_201041.jpg

建物と建物の隙間には急な下り階段があります。写真を撮りたくなるところがいっぱいです。

f0117059_925136.jpg

この古い建物は写真のギャラリーになっていて、甘川洞に住む人たちを撮った写真展が開催されていました。

f0117059_9453254.jpg

街のあちこちにギャラリーがあります。

f0117059_20422215.jpg

海を見ることができる展望台もあります。

f0117059_9472449.jpg

トイレはたくさんあり、安心して街歩きを楽しめます。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-07-21 23:50 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

韓国伝統茶とソウル街歩き 北村 西村 大学路 ソウル旅 2016年3月(8)


f0117059_22311232.jpg

ソウルの仁寺洞を訪れると必ずと言っていいほど入って一休みするのが水曜日(スヨイル)という伝統茶とコーヒーの店です。かぼちゃの甘酒を飲んだのですが、甘酒ともお茶とも違うけれど、かぼちゃの香りと味がするおいしい飲み物でした。写真に写っている赤いものは、凍らせた柿です。これが意外とおいしかったので、試してみたいと思います。

f0117059_2233078.jpg

違和感を感じることなく存在するソウルの街角に描かれている壁画です。

f0117059_22332531.jpg

大通りより路地を歩く方が発見があり楽しいですね。

f0117059_22335176.jpg

バイクは荷物を運ぶのに重要な役割を担っています。寒い季節には風除けが欠かせません。

f0117059_22341383.jpg

仁寺洞の猫です。

f0117059_22344122.jpg

仁寺洞の路地裏にある店で食べたプルゴギ定食です。二人前で1人1万ウォンでした。焼き魚もついていてお得感があります。

f0117059_223559.jpg

景福宮の西には西村と呼ばれる地域があります。李朝の時代には医官(医者)や画員(絵師)などが多く住んでいたということです。

f0117059_2237430.jpg

テンジャン(味噌)やカンジャン(醤油)などの大豆発酵食品のもとになるメジュが売られています。

f0117059_2235273.jpg

写真の女性はヤクルトの製品を売っているヤクルトレディです。韓国でもよく見ますが、オランダでも見たことがあります。

f0117059_22382386.jpg

大学路の店で牛シャブランチを食べました。二人前の肉です。

f0117059_22384342.jpg

野菜がたっぷり入っている鍋に肉を入れます。

f0117059_2239389.jpg

肉がなくなったら麺とご飯を入れて食べます。1人1万ウォンでした。

ソウル旅 2016年3月(1)大韓航空の機内食と金浦空港のKALラウンジ
ソウル旅 2016年3月(2)現代レジデンス ソウル市中区忠武路5街 
ソウル旅 2016年3月(3)ソウルの地下鉄駅 自動改札機とホームドア
ソウル旅 2016年3月(4)梨花洞壁画村 駱山プロジェクト 路上美術館 
ソウル旅 2016年3月(5)北村の韓屋 北村展望台からの眺め 
ソウル旅 2016年3月(6)世宗大王銅像と世宗物語 光化門広場と世宗文化会館
ソウル旅 2016年3月(7)景福宮と国立民俗博物館  

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-04-12 23:43 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

現代レジデンス ソウル市中区忠武路5街 ソウル旅 2016年3月(2)


f0117059_2325323.jpg

今回のソウルは、中部市場の近くにある現代(ヒョンデ)レジデンスに泊まりました。地下鉄の最寄り駅は2号線と5号線の乙支路4街(ウルチロサガ)駅ですが、他にも3号線と4号線の忠武路(チュンムロ)駅、5号線の東大門歴史文化公園駅からも歩けます。金浦空港からだと、5号線で乗り換えなしというのが便利です。

f0117059_2328240.jpg

ホテルのようでホテルでない、自宅マンションのような感覚で滞在することができました。

f0117059_23282254.jpg

ドアを開けると、最初にキッチンと洗濯機に目が行きます。もちろん冷蔵庫もあります。写真には写っていませんが、玄関には意味もなくたくさんの靴が収納できる下駄箱もあります。

f0117059_23284285.jpg

部屋で洗濯機で洗濯ができるのはいいですね。オンドル(床暖房)なので一晩で乾きました。

f0117059_2329826.jpg

ツインルームには、ダブルベッドとシングルベッドがあります。二人で滞在するには十分な広さです。室内では、無料でWi-Fiが利用できます。

f0117059_232934100.jpg

シャンプーとリンスはありますが、石鹸は小さな固形のものだけです。ドライヤーはありました。

f0117059_2330632.jpg

シャワーのみでバスタブはありません。

f0117059_23303240.jpg

海外のホテルに滞在するときに気になるのがプラグとコンセントの形状です。最近の電気製品や充電器などの電圧は、100Vから240Vまで対応しているものが多くて助かりますが、コンセントに差し込むことができなくては使えません。

f0117059_23305440.jpg

そこで20年以上前から愛用しているこの製品が役に立ちます。ほぼ全世界の電源コンセントに対応しているということです。

f0117059_23311676.jpg

今回は右の白い製品も持って行ったのですが、形状は合っていてもコンセントの穴に届かず、使い物になりませんでした。ホテルの場合は、日本と同じ形状のコンセントがあるところも多いので、心配する必要はないかもしれません。

ソウル旅 2016年3月(1)大韓航空の機内食と金浦空港のKALラウンジ 
ソウル旅 2016年3月(3)ソウルの地下鉄駅 自動改札機とホームドア
ソウル旅 2016年3月(4)梨花洞壁画村 駱山プロジェクト 路上美術館 
ソウル旅 2016年3月(5)北村の韓屋 北村展望台からの眺め
ソウル旅 2016年3月(6)世宗大王銅像と世宗物語 光化門広場と世宗文化会館 
ソウル旅 2016年3月(7)景福宮と国立民俗博物館
ソウル旅 2016年3月(8)韓国伝統茶とソウル街歩き 北村 西村 大学路

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
by pinholephoto | 2016-03-25 00:59 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴っていきます。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」 阪口智聡


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31