仁川の中華街と開港場近代歴史文化タウン 萬多福の白い百年チャジャン 2018年5月 仁川・龍仁・ソウルの旅


f0117059_19515502.jpg

1号線の仁川駅を出ると、正面に中華街の大きな門が見えます。

f0117059_19531959.jpg

最初に向かったのが仁川の中華街にある萬多福만다복です。昼食の時間だったのですが、少し待っただけで入ることができました。

f0117059_19561480.jpg

白いチャジャン麺で有名な店ということで、白い百年チャジャン하얀백년짜장を注文しました。この白い麺に、

f0117059_20122485.jpg

別の皿に入っているスープとこちらをかけて、

f0117059_20165842.jpg

このように混ぜて食べます。中国式の化学調味料を一切使っていないチャジャン麺ということです。美味しくいただきました。

f0117059_20214650.jpg

付け合わせで出てきた、玉ねぎに味噌をつけて食べるのも美味しかったです。

f0117059_20321372.jpg

注文していないのですが、韓国式の化学調味料を使ったチャジャン麺をサービスでいただきました。こちらもとても美味しかったです。白い百年チャジャンは1人前が7,000ウォン(733円)でした。

f0117059_20405540.jpg

萬多福の社長さん?でしょうか、いろいろなお話を伺うことができました。

f0117059_20424466.jpg

満腹になったところで、中華街のお隣にある童話村동화마을を散策しました。

f0117059_20480023.jpg

この階段の右側が旧日本租界で左側が旧清国租界ということで、階段が境界になっています。右側の石の灯篭の形が日本式で、左側が中国式になっています。

f0117059_20541794.jpg

かつて日本租界だった地区には、なにやら日本風の建物が観光用につくられていたりします。

f0117059_20560884.jpg

f0117059_21094393.jpg

1903年に建てられた日本の第十八銀行仁川支店の建物です。現在は、仁川開港場近代建築展示館인천개항장근대건축전시관となっています。

f0117059_21101392.jpg

展示館に展示されていた金銭登録器(レジスター)です。

f0117059_21134124.jpg

1899年に建てられた日本の第一銀行仁川支店の建物で、現在は仁川開港博物館인천개항박물관となっています。

f0117059_21170154.jpg

1899年当時は、韓国で最大級の建物だったそうです。

f0117059_21173573.jpg

元金庫の入口です。上には非常口があるのが見えます。

f0117059_21194060.jpg

当時の街並みを描いた絵です。

f0117059_21202711.jpg

中区生活史展示館중구생활사전사관は、隣り合っている大仏ホテル展示館대불호텔전시관と生活史展示館생활사전사관から成っており、大仏ホテル展示館から入り、続けて生活史展示館を見学します。

f0117059_21232914.jpg

大仏ホテル展示館대불호텔전시관の建物です。

f0117059_21240252.jpg

ホテルの部屋が再現されています。

f0117059_21244321.jpg

f0117059_21262301.jpg

別の部屋です。

f0117059_21324736.jpg

大仏ホテルを見学したらいったん外に出て、1号線の車両を再現した展示の左側から生活史展示館생활사전사관に入ります。

f0117059_21341096.jpg

生活史展示館には、1960年代から70年代のものが展示されています。

f0117059_21362456.jpg

f0117059_21411867.jpg

f0117059_21445537.jpg

f0117059_21481831.jpg

f0117059_21502207.jpg

こちらの建物は、チャジャン麺博物館짜장면박물관です。

f0117059_22000694.jpg

チャジャン麺博物館にある中華料理店は、展示のための食堂なので食事はできません。

f0117059_22191929.jpg

大きな口を開けてチャジャン麺を食べようとしています。

f0117059_22301175.jpg

5つの展示館を見学してからカフェに入りました。

f0117059_22341898.jpg

アメリカーノとチーズケーキ、ティラミスです。

f0117059_22373045.jpg

カフェの奥から入口の方を撮ってみました。

f0117059_22403068.jpg

韓国のカフェはどこでも無料のWi-Fiが使え、スペースもゆったりしているところが多いので、長時間滞在することができます。

f0117059_22432646.jpg

ギャラリーを兼ねたカフェなので、絵が展示されています。

f0117059_22512625.jpg

1号線に乗ってホテルのある富平に戻りました。


【ソウル・仁川・水原の旅 2016年11月】

【2018年3月 済州・ソウルの旅】

[PR]
by pinholephoto | 2018-06-02 21:00 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴る阪口智聡のブログです。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」


by pinholephoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30