国立現代美術館徳寿宮館 開館20周年、徳寿宮美術館(李王家美術館)開館80周年記念「私が愛した美術館」 2018年7月 光州・ソウルの旅(5)


f0117059_09492799.jpg

徳寿宮(トクスグン)は何度も訪れていますが、今回はちょうど王宮守門将交代儀式が行われていました。徳寿宮の観覧料は1,000ウォンでした。

f0117059_09493810.jpg

この日も暑かったのですが、この一画だけは少しだけ涼しさを感じることができました。

f0117059_09494712.jpg

今回初めて国立現代美術館徳寿宮館に入ってみました。美術館の観覧料は2,000ウォンでした。

f0117059_09495788.jpg

美術館の階段の上からの眺めです。

f0117059_09500658.jpg

美術館の2階から見た入口です。

f0117059_09501754.jpg

国立現代美術館徳寿宮館では、徳寿宮館開館20周年、徳寿宮美術館(李王家美術館)開館80周年記念「私が愛した美術館:近代の傑作展」が開催されていました。美術作品の他にも、美術館建設当時の設計図や設計図の青焼き、

f0117059_09502444.jpg

徳寿宮美術館新築工事内訳書や、

f0117059_09503473.jpg

現場従事延人員が書かれた文書や、

f0117059_09504310.jpg

徳寿宮美術館竣工後に撮られた写真や、

f0117059_09505197.jpg

徳寿宮美術館の新築衛生工事についての文書や、

f0117059_09510037.jpg

観光用の案内地図「京城案内図」や、

f0117059_09510833.jpg

徳寿宮の絵葉書や、

f0117059_09511610.jpg

李王家博物館所蔵品写真帳など、貴重な資料も展示されていました。

f0117059_09512316.jpg

f0117059_09513114.jpg

f0117059_09513971.jpg

f0117059_09514851.jpg

f0117059_09515261.jpg

f0117059_09520099.jpg

f0117059_09522532.jpg

f0117059_09523475.jpg

f0117059_09523909.jpg

f0117059_09524921.jpg

f0117059_09525703.jpg

f0117059_09530484.jpg

徳寿宮から近い教保文庫の光化門店に立ち寄ってから、地下鉄5号線の光化門駅に行くと、6歳未満の幼児専用の入口がありました。このかわいらしいゲートをくぐりたい衝動を抑えて、左の自転車も通れる自動改札を利用しました。他の駅では見たことがないのですが、光化門駅の他にもあるのでしょうか?


【2018年7月 光州・ソウルの旅】

【2018年5月 仁川・龍仁・ソウルの旅】

【2016年11月 ソウル・仁川・水原の旅】

【2018年3月 済州・ソウルの旅】

[PR]
by pinholephoto | 2018-09-21 14:55 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴る阪口智聡のブログです。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」


by pinholephoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31