人気ブログランキング |

タラゴナ TARRAGONA のホテル ウルビス センター HOTEL URBIS CENTRE AVEとTALGOに乗ってジローナからタラゴナへ 2018年9月 バルセロナの旅(9)


f0117059_15134018.jpg

バルセロナの北のフランス国境の近くにあるジローナGironaで2泊してから、スペイン国鉄RENFEのAVEとTALGOを乗り継いで、バルセロナの南にあるタラゴナTarragonaに移動しました。この写真の左側には地中海とタラゴナ駅が写っています。手前に写っている階段を上がると、タラゴナの中心に行くことができます。

f0117059_15123296.jpg

ジローナGironaで2泊したホテルペニンシュラーHotel Peninsularから、歩いて10分ほどでジローナの駅に着きます。ジローナ駅にはチケット売り場の窓口が3つありますが、この写真の一番左側の1番の窓口で、ジローナ-バルセロナとバルセロナ-タラゴナのチケットを買いました。

f0117059_15123755.jpg

在来線のジローナ駅です。チケット売り場は在来線の駅の中にあります。

f0117059_15124692.jpg

在来線のジローナ駅を出ると左斜め前にあるのが高速列車のジローナ駅です。在来線と高速列車の駅が近いので便利です。

f0117059_15125290.jpg

高速列車のジローナ駅に入ったところです。ここにはチケット売り場はないので、高速列車のチケットも在来線のジローナ駅で買うことになります。

f0117059_15125972.jpg

地下に降りると高速列車のホームがあります。ジローナからバルセロナ サンツまでの列車は、チケットにはAVANT 31728のツーリストクラスと書いてありますが、実際に乗った列車の表示はAVE 9729のファーストクラスでした。

f0117059_15130564.jpg

2階建ての車両で、指定された座席は13号車の2階席でした。ジローナ GIRONA 発10時43分、バルセロナ サンツ BCN-SANTS 着11時21分の予定ですが、出発も到着も数分の遅れでした。チケットは16.20ユーロでした。この列車の最高時速は時速200キロを超えていました。

f0117059_15131120.jpg

バルセロナ サンツ BCN-SANTS 12時発、タラゴナ 12時52分着 のTALGO 00463という列車です。この列車の最高時速は162キロでした。

f0117059_15131740.jpg

高速列車ほどスピードが出ないので、窓外の景色を楽しむことができました。

f0117059_15132526.jpg

この列車も出発と到着が数分遅れましたが、無事に次の滞在地、タラゴナに到着しました。

f0117059_15133015.jpg

これがバルセロナから乗ってタラゴナに着いた TALGO 00463 です。

f0117059_15133585.jpg

タラゴナの駅はこじんまりとしています。

f0117059_15134018.jpg

タラゴナの駅から旧市街のある町の中心に歩いて行くには、駅を出たら駅前の道を右に歩くと、写真に写っている階段が見えます。この階段を上がるのが距離的には近いのですが、スーツケースなどの荷物があるときついです。以前はなかったのですが、この写真に写っている階段の下の道と駅のホームの間に、スロープになっている通路が見えるでしょうか。完成してからまだそれほど経っていないようです。このスロープを使えば、スーツケースを転がしながら上がれるので楽だと思います。

f0117059_15134692.jpg

スロープの途中からタラゴナの駅を見てみました。

f0117059_15135095.jpg

今回タラゴナで滞在したのは、ホテル ウルビス センター HOTEL URBIS CENTRE です。駅からの階段化スロープを上がったら、あとは真っすぐ道なりに歩いて10分ほどで着きます。

f0117059_15135448.jpg

ホテルの入口を入ってすぐのところにあるレセプションでチェックインしたのですが、お揃いのTシャツを着た従業員らしき人たちが数人、床に座ったり寝転んだりして寛いでいたのには驚きました。エレベーターは2基あり、これは奥の方にあるエレベーターです。自動ではなく自分でドアを開けるエレベーターを見ると、ヨーロッパにいるのだなと実感します。

f0117059_15140224.jpg

部屋は2階(日本式の3階)にあります。廊下に段差がありますが、このホテルは2つの建物をつないでいるためです。泊まった201号室は、古い方の建物にありました。

f0117059_15140729.jpg

ドアのカギはカード式ではなく、外出時にはレセプションに預けることになっています。

f0117059_15141324.jpg

ダブルルームで、一泊66ユーロ+税(3泊で6.97ユーロ)でした。

f0117059_15141732.jpg

室内金庫は旧式のもので、デポジットを払って鍵を借りて使います。面倒なので使いませんでした。エアコンの温度調節はできました。

f0117059_15142102.jpg

写真だとわかりませんが、室内の照明はかなり暗かったです。冷蔵庫はなく、ミネラルウォーターが1本だけ置いてありました。

f0117059_15142510.jpg

バスルームは狭いということはありませんでした。

f0117059_15143372.jpg

バスタブがあります。トイレは温水洗浄式ではありません。

f0117059_15143809.jpg

固形石鹸とシャンプー、トリートメントがありました。

f0117059_15144241.jpg

お湯はちゃんと出るので問題ありません。

f0117059_15144768.jpg

ジローナのホテルと同様、ソーセージとハムの味がかなり濃かったです。今回泊った4つのホテルの朝食には、メロンとスイカが必ずあり、美味しくいただきました。



【2018年9月 バルセロナ・ジローナ・タラゴナの旅】

【2018年7月 光州・ソウルの旅】

【2018年5月 仁川・龍仁・ソウルの旅】

【2016年11月 ソウル・仁川・水原の旅】

【2018年3月 済州・ソウルの旅】
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

by pinholephoto | 2018-12-07 17:22 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴る阪口智聡のブログです。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」


by pinholephoto
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30