人気ブログランキング |

金海(キメ 김해)で伽耶の歴史散策 釜山金海軽電鉄で国立金海博物館、首露王陵、大成洞古墳博物館など見学 金海空港だけでない金海市(1)


f0117059_18170076.jpg

2019年9月、釜山の沙上(ササン 사상)から釜山金海軽電鉄부산김해경전철に乗って博物館駅で降り、金海市を観光をしてきました。台風17号が釜山に来る二日前のことです。金海といえば釜山の空の玄関の金海空港しか知りませんでしたが、かつて伽耶のあったところです。上の写真は博物館駅です。線路に沿って海畔川(ヘバンチョン 해반천)という川が流れていて、散策路が整備されています。

f0117059_18170438.jpg

釜山金海軽電鉄の博物館駅です。博物館というのは、国立金海博物館のことです。

f0117059_18170746.jpg

博物館駅の構内は子どもの遊び場のような雰囲気で、保育園児たちがたくさんいました。

f0117059_18171132.jpg

博物館駅の改札です。

f0117059_18171650.jpg

釜山金海軽電鉄の博物館駅を出ると川と橋が目に入ってきました。海畔川(ヘバンチョン 해반천)です。慶原橋경원교です。緑が多い印象です。

f0117059_18172008.jpg

橋を渡って左にある市民の鐘시민의종です。

f0117059_18172483.jpg

そのまま線路と川に沿って少し歩くと博物館があります。博物館の向かいにはきれいな公衆トイレがありました。

f0117059_18172967.jpg

釜山金海軽電鉄は二両編成で、通常は自動運転です。

f0117059_18173435.jpg

国立金海博物館국립김해박물관です。

f0117059_18173899.jpg

博物館の敷地は広く、市民の憩いの場になっているようです。

f0117059_18174109.jpg

国立金海博物館の展示室の入口です。入館料は無料です。

f0117059_18174772.jpg

金海市大成洞から出土した三国時代(伽耶)五世紀の有蓋長頸壺・鉢形器臺です。

f0117059_18175396.jpg

写真だと分かりませんが、とても大きな土器です。

f0117059_18175604.jpg

咸安(ハマン 함안)郡 末伊山(マリサン 말이산)から出土した三国時代(伽耶)五世紀の有蓋大壺です。

f0117059_18175980.jpg

鉄製の馬具なども展示されています。展示室は1階(伽耶へと向かう道)と2階(伽耶と伽耶人たち)にあります。第一室:洛東河下流域の先史時代、第二室:蚊帳の黎明、第三室:伽耶の成立と発展、第四室:伽耶人の生活、第五室:美しく柔らかな伽耶土器、第六室:鉄の大国、伽耶、第七室:海上王国、伽耶。

f0117059_18180216.jpg

国立金海博物館にはカフェもあります。

f0117059_18180924.jpg

加香(カヒャン 가향)という名前のカフェです。

f0117059_18181295.jpg

カフェで一休みしました。

f0117059_18181516.jpg

アイス緑茶ラテ(4,000ウォン)を飲みました。日本語の案内冊子もありました。展示室の説明も日本語がたくさんありました。

f0117059_18181956.jpg

国立金海博物館の見学を終えて、首露王妃陵(スロワンビルン 수로왕비릉)に向かいます。上の写真の道を少し進んで右の方に行くと首露王妃陵があるのですが、

f0117059_18182174.jpg

その前に金海亀旨峰(キメクジボン 김해구지봉)がありました。首露王が西暦42年にこの地で誕生したということです。この中を通って首露王妃陵に行くことができます。

f0117059_18182545.jpg

首露王妃陵のある敷地が見えました。本来は右手に見える門から入り、写真の左方向にある首露王妃陵に行くことになりますが、今回は逆になりました。

f0117059_18182904.jpg

これが首露王妃陵(スロワンビルン 수로왕비릉)の入口です。

f0117059_18183295.jpg

亀南門と書いてあります。

f0117059_18183646.jpg

門を入ると正面に首露王妃陵が見えます。

f0117059_18183975.jpg

首露王妃陵です。

f0117059_18184249.jpg

首露王妃陵を出て次は金海郷校김해향교に向かいます。古い建物と新しい建物が共存しています。手前の白い建物は食堂で、刺身なども食べられるようです。

f0117059_18184588.jpg

かなり古い家が残っています。

f0117059_18184971.jpg

ここが金海郷校김해향교です。郷校は、儒教の教えを建学の精神とする地方教育機関です。

f0117059_18185237.jpg

この風化楼の奥にあるのが、

f0117059_18185583.jpg

儒生たちが学んだ明倫堂です。

f0117059_18185977.jpg

明倫堂の更に奥にあるのが孔子をはじめ25聖賢の位牌を安置した大成殿です。教育空間を前方に、祭礼空間を後方に配置しています。

f0117059_18190137.jpg

金海郷校の近くに、就正齋がありました。偉い儒教の先生の学問と徳行を継承するために建立されたということです。

f0117059_18190565.jpg

次は首露王陵(スロワンルン 수로왕릉)に行こうと歩いていると、学生服の店を何軒か見かけました。

f0117059_18191084.jpg

韓国の学生服の宣伝は派手な感じがします。

f0117059_18191275.jpg

マネキンの手足が細すぎますね。

f0117059_18193007.jpg

少し疲れた感じの犬にも会いました。

首露王陵(スロワンヌン 수로왕릉)、大成洞(テソンドン 대성동)古墳博物館など、金海歴史散歩はまだまだ続きますが、長くなったので続きは次の記事をご覧ください。








【2018年12月 大田 テジョン・ソウルの旅】

【2018年9月 バルセロナ・ジローナ・タラゴナの旅】

【2018年7月 光州・ソウルの旅】

【2018年5月 仁川・龍仁・ソウルの旅】

【2016年11月 ソウル・仁川・水原の旅】

【2018年3月 済州・ソウルの旅】
(4)牛島(ウド)に行きたかった







ピンホール写真は Instagram の tomo_pinholephotographyでも紹介しています。



このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 演劇・ダンスブログへ

by pinholephoto | 2019-09-22 19:35 | 海外旅行と旅の写真 | Comments(0)

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴る阪口智聡のブログです。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」


by pinholephoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30