人気ブログランキング |

ピンホール写真展 『記憶の空間』 Art Gallery 山手


ピンホール写真展 『記憶の空間』  Art Gallery 山手_f0117059_224041100.jpg
 
「街で出会う何気ない光景に、ピンホールカメラの直径0.2ミリの穴を向ける。レンズを通さずに光を直接暗箱に取り込みフィルムに当てることで、その空間を満たす光、風や時の流れを画像として定着させる。その画像は強烈な印象を与えることはないが、どこか懐かしさを感じさせる記憶の空間を表現している。」

ヨーロッパの街並みと、そこで出会った人々を、ピンホールカメラでスナップしたカラー写真27点の展示です。ピンホール写真というと、長時間露光でぼやけた画像というイメージがありますが、今までの常識を覆す、カラーピンホール・スナップ写真の世界をお楽しみください。

期  日   2007年11月22日(木)から27日(火)
時  間  11:00から19:00(最終日は17:00まで)
会  場  Art Gallery 山手   Tel. 045-628-0267
       横浜市中区山手町100 サンセット山手1F
アクセス  みなとみらい線元町・中華街駅5番出口(元町・新山下改札口)から徒歩3分の谷戸坂途中(地図はギャラリーのサイトをご覧ください)

撮影場所 ドイツ(ベルリン、ローテンブルク、ドナウヴェルト、ゴスラー、ネルトリンゲン、ワイマール、ニュルンベルク)、オーストリア(ウィーン)、スコットランド(エディンバラ)、フランス(パリ)、オランダ(デルフト)、ベルギー(アントワープ)、山手(横浜)

カメラ    穴ガメ27Tr (焦点距離27ミリ、F135、穴0.2ミリ)
       穴ガメ30BW(焦点距離30ミリ、F150、穴0.2ミリ) 
フィルム  フジPRO800

『日本フォトコンテスト』12月号、口絵作品として写真を6点掲載していただきました。
『アサヒカメラ』12月号の写真展西東に、個展情報を掲載していただきました。
『日本カメラ』12月号の写真展プレビューに、個展情報を掲載していただきました。
「東京新聞」朝刊(11月13日)神奈川版インフォメーションに、個展情報を掲載していただきました。
「朝日新聞」朝刊(11月21日)神奈川マリオンに、個展情報を掲載していただきました。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
Commented by mf at 2007-11-25 21:46 x
昨日、山手での写真展、拝見しました。
ピンホール写真の魅力を堪能させていただきました。
ゲーテ座の喫茶室に置いてあった絵葉書を見て、ちょうど駅までの通り道だからと観て行こうと、妻と娘と3人で寄ったのですが、カメラの説明などもしていただき、思いがけず楽しいひと時を過ごすことができました。ありがとうございました。
ところでもう一つ、思いがけなかったのは、このブログのネームカードをたどっていったら、とても懐かしい方のブログにたどり着いてしまったことです。miyukiさんとは10年ほど同じ職場にいた時期があり、いろいろお世話になったんです。本当にびっくりしてしまいました。これからそちらのブログの方にもコメントしようかと思っているところです。
Commented by pinholephoto at 2007-11-25 22:36
個展においでいただき、ありがとうございました。
世の中は狭いというか、社会は人と人のつながりで出来ているものだということを感じます。
またどこかでお会いする機会があると思いますので、よろしくお願いします。
Commented by motofoto at 2007-11-27 20:02 x
はじめまして。
ピンホール写真に興味を持ち始めていたところ、こちらに辿りつきました。
素敵なお写真ばかりで魅入ってしまいました。
写真展が本日までとのことで残念ですが、またブログで拝見させていただきます。
ますますピンホールカメラが欲しくなりました。
Commented by pinholephoto at 2007-11-27 21:37
motofotoさん、ようこそいらっしゃいました。
個展においでいただけなくて残念でしたが、このブログで展示作品を少しずつアップしていく予定ですので、時々お立ち寄りください。
Commented by たく at 2007-12-13 00:05 x
先日、写真展を拝見させていただきました。
私は専らデジタル一眼や35mm一眼で町の写真を撮っていますが、スクエアフォーマットのカラーピンホール写真による町のスナップに新鮮な感動を覚えました。
ピンホールの、というよりも、純粋にスナップ写真として素晴らしいと思いましたし、その上でピンホールであることが写真をいっそう魅力的にしていると感じました。
今は、購入したプリントをフレームに入れて、机の上に飾って楽しんでおります。
またブログ等で拝見させていただきます。
Commented by pinholephoto at 2007-12-13 22:11
たくさん、写真展においでいただきありがとうございました。
また、スナップ写真として見ていただけたとのこと、とてもうれしいです。
私もたくさんが撮られているようなスナップ写真を撮ってきましたが、ピンホールカメラはスナップ写真を撮るための道具の1つであり、ピンホール写真は数ある写真表現の1つだと考えています。
いつになるのか、また実現するのかも分かりませんが、次回の個展までこのブログは続けるつもりですので、時々様子を見に来て下さい。
これからもよろしくお願いします。
by pinholephoto | 2007-11-21 00:14 | 個展 「記憶の空間」 2007 | Comments(6)

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴る阪口智聡のブログです。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」


by pinholephoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30