ピンホール写真 Pinhole Photography 旅(非日常)と日常(現実)を行きつ戻りつ 

anagame.exblog.jp ブログトップ

富士フィルム・グループフォトコンテスト2007

f0117059_2075983.jpg

富士フィルム主催の「グループフォトコンテスト2007」に、四谷写真塾小室ゼミに所属する4人のグループで応募したところ、入選に入賞しました。このコンテストは、3人から6人のグループを作り、6枚で構成する組写真を仕上げて応募するものです。7月末の暑い日に六本木ミッドタウン周辺で撮影した写真を組んだもので、作品のタイトルは『六本木界隈』です。

入賞作品発表展が、11月30日(金)から12月6日(木)まで六本木ミッドタウンの富士フィルムフォトサロンで開催されます。時間は午前11時から午後8時までです。(最終日は午後2時まで)よろしかったらお立ち寄りください。

今日の写真は、個展会場の近くにある山手イタリア山庭園のブラフ18番館です。関東大震災後に外国人住宅として建てられ、戦後はカトリック山手教会の司祭館として使用されていたそうです。


f0117059_12351695.gifにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
# by pinholephoto | 2007-11-28 20:40 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

ピンホール写真展 『記憶の空間』 終了しました Art Gallery 山手


f0117059_20562943.jpg

本日2007年11月27日(火)でピンホール写真展『記憶の空間』が終了しました。会期中はお忙しい中、220人の方に来場していただきました。どうもありがとうございました。

新聞や雑誌の個展案内をご覧になった方、いくつかのギャラリーやお店や学校に置いていただいた案内ハガキをご覧になった方、このブログをはじめインターネットの情報をご覧になった方、谷戸坂を上り下りする途中で案内看板をご覧になった方など、いろいろな方に作品を見ていただくことができました。

f0117059_20285750.jpg

多くの方に熱心に作品を見ていただき、ピンホール写真やカメラについてお話しすることができたことは、私にとって貴重な経験になりました。みなさんからいただいた励ましのお言葉やご意見を参考に、これからもピンホールカメラで写真を撮り続けていきたいと考えています。

このブログは「ピンホール写真展の準備」というタイトルですが、何年後になるか分からない次回の個展を目指して、最低でも月1回は更新して行くつもりです。時々のぞきに来てやって下さい。

下の写真は、ピンホールカメラで撮った会場と会場外の案内板のコンタクトプリントです。

f0117059_18124973.jpg


このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-11-27 21:13 | 個展 「記憶の空間」 2007 | Comments(0)

ピンホール写真展 『記憶の空間』 Art Gallery 山手


f0117059_224041100.jpg
 
「街で出会う何気ない光景に、ピンホールカメラの直径0.2ミリの穴を向ける。レンズを通さずに光を直接暗箱に取り込みフィルムに当てることで、その空間を満たす光、風や時の流れを画像として定着させる。その画像は強烈な印象を与えることはないが、どこか懐かしさを感じさせる記憶の空間を表現している。」

ヨーロッパの街並みと、そこで出会った人々を、ピンホールカメラでスナップしたカラー写真27点の展示です。ピンホール写真というと、長時間露光でぼやけた画像というイメージがありますが、今までの常識を覆す、カラーピンホール・スナップ写真の世界をお楽しみください。

期  日   2007年11月22日(木)から27日(火)
時  間  11:00から19:00(最終日は17:00まで)
会  場  Art Gallery 山手   Tel. 045-628-0267
       横浜市中区山手町100 サンセット山手1F
アクセス  みなとみらい線元町・中華街駅5番出口(元町・新山下改札口)から徒歩3分の谷戸坂途中(地図はギャラリーのサイトをご覧ください)

撮影場所 ドイツ(ベルリン、ローテンブルク、ドナウヴェルト、ゴスラー、ネルトリンゲン、ワイマール、ニュルンベルク)、オーストリア(ウィーン)、スコットランド(エディンバラ)、フランス(パリ)、オランダ(デルフト)、ベルギー(アントワープ)、山手(横浜)

カメラ    穴ガメ27Tr (焦点距離27ミリ、F135、穴0.2ミリ)
       穴ガメ30BW(焦点距離30ミリ、F150、穴0.2ミリ) 
フィルム  フジPRO800

『日本フォトコンテスト』12月号、口絵作品として写真を6点掲載していただきました。
『アサヒカメラ』12月号の写真展西東に、個展情報を掲載していただきました。
『日本カメラ』12月号の写真展プレビューに、個展情報を掲載していただきました。
「東京新聞」朝刊(11月13日)神奈川版インフォメーションに、個展情報を掲載していただきました。
「朝日新聞」朝刊(11月21日)神奈川マリオンに、個展情報を掲載していただきました。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-11-21 00:14 | 個展 「記憶の空間」 2007 | Comments(6)

谷中、根津、千駄木で撮影会


今日は谷中、根津、千駄木地区で行われた撮影会に参加、久し振りに穴ガメ(ピンホールカメラ)での撮影を楽しみました。明日まで根津・千駄木下町まつりが開かれているためか、大勢の人で賑わっていました。1年前にあった古い家がなくなり、空き地になったり新しい家が建ったりしているところもありました。でも夕焼けだんだんの猫たちは、1年前と少しも変わらない様子でした。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-10-20 21:59 | ピンホール写真撮影記録 | Comments(0)

午睡の後 ゴスラー 日本写真文化協会「写真文化」2007年10月号 表紙


f0117059_179756.jpg

日本写真文化協会の機関誌、「写真文化」10月号の表紙に、ドイツのハルツ山麓にあるゴスラーという小さな町で撮影した写真を、掲載していただきました。日本写真文化協会は、1948年に設立された、約3500人の営業写真館経営者を会員とする協会です。四谷にある協会のビルには、ポートレイトギャラリーという写真専門のギャラリーがあります。

世界遺産に登録されている、古い木組みの家が残るゴスラーの街を歩いていると、昼寝から目覚めたばかりで、まだ半分夢の中にいるような表情をした犬と出会いました。ピンホールカメラをセットした三脚の足をいっぱいに開いて、そーっと近づいて撮ったのが、「午睡の後」です。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-10-18 20:48 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

版画アートラリーかながわ'07


f0117059_2034222.jpg

今年で4回目となる「版画アートラリーかながわ」が、10月1日から11月30日までの日程で始まりました。このラリーには、神奈川県内と町田市の37のギャラリーが参加しています。版画だけでなく、絵画や写真など、様々なジャンルの展示を楽しむことが出来ます。ラリーに参加しているギャラリーで、シールを12会場分集めると、抽選で100名に版画がプレゼントされます。私が11月22日から写真展を開くArt Gallery山手も、ラリーに参加しています。神奈川県にお住まいの方は、この機会に身近なところにあるギャラリーを訪れてみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-10-06 20:52 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(0)

愛の母子像 港の見える丘公園 Pinhole Photography


f0117059_20331353.jpg

現在の横浜市青葉区(当時は緑区)の住宅地に米軍のファントム偵察機が墜落し、母子3人が犠牲となった事件から、昨日でちょうど30年が経ちました。

個展会場周辺を案内するシリーズの第2回は、港の見える丘公園フランス山地区にある「愛の母子像」です。1985年に設置されたこのブロンズ像には、横浜市がその由来を説明する碑文の設置を認めませんでした。21年後の昨年になり、ようやく事件の概略を記述した説明版の設置が認められたのです。

説明版には、「昭和52(1977)年9月27日、横浜市緑区荏田町(現青葉区荏田北)に米軍機が墜落し、市民3人(母と幼い子二人)が亡くなりました。生前に海が見たいと願っていたことから、この公園に愛の母子像の寄付を受け設置したものです。」とあります。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-09-28 20:59 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

カトリック山手教会 - 横浜山手

f0117059_1112243.jpg

個展会場のArt Gallery山手周辺には、西洋館や教会など見所がたくさんあり、休日には大勢の観光客で賑わっています。何回お届けすることが出来るかわかりませんが、本日は会場周辺を案内するシリーズの第1回目です。

今日の写真は、横浜市中区山手町44にある、「カトリック山手教会」です。写真で門柱の左に写っている聖堂は、1933年にチェコ出身のヤン・ヨセフ・スワガーの設計で建てられたものです。山手教会は、1862年にパリ外国宣教会が建てた横浜天主堂が、1906年に現在の場所に移転したのが始まりです。


f0117059_12351695.gifにほんブログ村 写真ブログへ
[PR]
# by pinholephoto | 2007-09-24 11:47 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

ザルツブルクのゲトライデガッセ Salzburg, Austria Pinhole Photography


f0117059_1847525.jpg

写真展本番まで2ヶ月とちょっとになりました。展示予定作品は27点ですが、今日は、展示予定の写真を撮影した場所を紹介します。ドイツで撮った写真が一番多く、ベルリン、ローテンブルグ、ドナウヴェルト、ゴスラー、ネルトリンゲン、ワイマール、ニュルンベルグの、全部で7つの町になります。あとは、オーストリアのウィーン、フランスのパリ、スコットランドのエディンバラ、オランダのデルフト、ベルギーのアントワープで撮影した写真です。それに、横浜山手地区で撮影した4点が加わります。

今日は敬老の日、母が入所している老人ホームの敬老祝賀会に行ってきました。その席で、ヴァイオリンを中心としたコンサートがありました。リーダーの女性は、モーツァルトの生まれたザルツブルグでヴァイオリンを学んだそうです。

そこで、今日の写真はザルツブルグの「ゲトライデガッセ」です。道幅が3メートルほどと狭く、その両側には、昔は字が読めない人が多かったため、何の店か分かるように工夫して作られた鉄細工の看板がある商店が並んでいます。モーツァルトの生家も、この通りに面してあります。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-09-17 19:15 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

ダッハウ強制収容所 Konzentrationslager Dachau ドイツ Pinhole Photography


f0117059_17234550.jpg

関東地方を直撃した台風も去りました。9月に入ってもまだまだ暑い日が続きますが、いつになったら涼しくなるのでしょうか。

今日の写真は、2006年の3月にドイツのダッハウ強制収容所で撮った「沈黙の語り部」です。ダッハウ強制収容所は、ナチス政権が最初に作った強制収容所です。ミュンヘンから列車に乗ると約30分でダッハウ駅に着き、そこからバスで収容所跡に向かいます。

写真の用水路を挟んで左側が収容所の敷地です。敷地内には、食堂と囚人棟1棟が復元されており、管理棟は資料館になっています。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-09-08 17:42 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

オムライス・ガール 墨田区吾妻橋 Pinhole Photography


f0117059_18543886.jpg

先週の金曜日まで続いた猛暑も、いくらか落ち着いてきました。それでもまだまだ暑い日が続きそうです。気温が35度を超えると、さすがに写真を撮る気になりません。秋が待ち遠しい今日この頃です。個展の案内ハガキの校正も終わり、今週中には出来上がります。

今日の写真は、昨年の桜の季節に、浅草から吾妻橋を渡ったところにある、墨田区役所前に出ていた移動オムライス屋さんの女性です。桜の花を眺めながら食べるオムライスも、なかなかいいお味でした。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-08-19 19:09 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

チェックポイント・チャーリー Berlin, Germany ベルリン Pinhole Photography


f0117059_22274745.jpg

個展で展示する写真が、ほぼ決まりました。点数は、全紙2点、半切21点、四切4点の、合計27点です。撮影場所は、23点がヨーロッパ、4点がギャラリーのある横浜山手地区です。さて、次は案内はがきの作成ですが、何しろ初めての個展なので分からないことだらけです。

今日の写真は、2006年7月にベルリンで撮影した「チェックポイント・チャーリー」です。1989年に東西ベルリンの壁が崩壊するまで、その境界にあった検問所の跡が残されており、大勢の観光客が訪れています。近くにはベルリンの壁博物館があり、壁のかけらが土産として売られています。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-08-04 21:10 | ピンホール写真館(海外) | Comments(2)

影で遊ぶ 上野不忍池の犬 Pinhole Photography


f0117059_19585951.jpg

関東地方はまだ梅雨が明けません。昨年の梅雨明けは7月30日でしたが、今年はいつになるのでしょうか。それにしても今日は蒸し暑い一日でした。銀座で行われたピンホール写真教室に参加しましたが、参議院選挙まであと1週間、銀座の街はとても賑やかでした。たまたま遭遇した某候補にお願いして、ピンホールポートレイトを撮らせていただきました。

今日の写真「影で遊ぶ」は、2006年の2月に上野の不忍池で撮りました。冬の午後の日差しを浴びて、飼い主が戻って来るのを待っている犬です。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-07-22 19:59 | ピンホール写真館(国内) | Comments(2)

気持ちよさそう 札幌大通公園 Pinhole Photography


f0117059_2184880.jpg

ピンホール写真の個展開催を決めたのが昨年の11月、いつの間にか本番まであと4ヶ月となりました。そろそろ具体的に展示内容を決めなければいけない時期になってきました。展示する写真は、半切サイズを中心に28点ぐらいになりそうです。

今日の写真「気持ちよさそう」は、2005年の8月に札幌の大通公園で撮りました。8月末の札幌ですが、日差しが強くてとても暑い日でした。噴水の水に触ると冷たくて気持ちよさそうです。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-07-14 21:24 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

小室三喜雄ピンホール写真展開催中 富士フォトサロン


f0117059_2157197.jpg

6月14日の記事で紹介した小室三喜雄ピンホール写真展『銀座光景』が、一昨日から銀座ファイブの富士フォトサロンで始まりました。この展示を最後に富士フォトサロンが50年の歴史を閉じることもあり、連日大勢の人が訪れています。時間をかけて1点1点の作品を観て行かれる方や、ピンホールカメラやピンホール写真について質問される方も多く見受けられます。

この写真展は、7月12日(木)まで開催されています。時間は午前10時から午後8時(最終日は午後2時)までです。期間中に銀座においでになる予定の方は、ぜひお立ち寄りください。

小室三喜雄のピンホール写真展 『銀座光景』 - (富士フォトサロンのサイト)

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-07-08 22:17 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(0)

母娘舞踊団 昭和記念公園 Pinhole Photography


f0117059_19124394.jpg

今日の写真「母娘舞踊団」は、昨年4月の世界ピンホール写真デーに、東京の昭和記念公園で撮りました。母娘3人で、太鼓の音に合わせて踊りの練習をしていました。不思議な雰囲気ではありましたが、楽しそうに踊っていました。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-06-24 19:23 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

小室三喜雄 ピンホール写真展 『銀座光景』


f0117059_21425975.jpg

銀座に1957年に開設された富士フォトサロン東京が、今年の7月12日で、その歴史に終止符を打ちます。最後を飾る展示の1つとして、7月6日(金)から12日(木)まで、スペース3で『銀座光景』と題する「小室三喜雄 ピンホール写真展」が開催されます。

長時間露光が必要でぼんやりとした画像しか得られないというのが、ピンホール写真の常識でした。その常識を覆して、カラー・ピンホール・スナップという新しい分野を開拓した小室氏の作品、半切35点と全紙2点が展示されます。

ピンホールの眼で捉えた銀座の光景、どのような世界を見せてくれるのでしょうか。丁寧にプリントされた味わいのあるピンホール写真を鑑賞するいい機会だと思います。期間中に銀座においでになる予定の方は、ぜひ銀座ファイブの富士フォトサロンにお立ち寄りください。

小室三喜雄のピンホール写真展 『銀座光景』 - (富士フォトサロンのサイト)

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-06-14 21:32 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(0)

Caplio GX100の斜め補正とフェルメールの「地理学者」


f0117059_21205282.jpg

今日の話題は、4月20日の発売日に購入したリコーのコンパクトデジカメCaplio GX100の斜め補正機能と、フェルメールの「地理学者」です。ヨーロッパに出かけた時には、出来るだけ美術館を訪れるようにしています。多くの美術館では写真撮影がOKですが、そんな時に重宝するのがリコーの斜め補正機能です。補正すると画質は落ちますが、四角いものが四角く写っているというのは気持ちがいいものです。

今日の写真は、先月訪れたフランクフルトのシュテーデル美術館で撮ったフェルメールの「地理学者」です。フェルメールといえば、2002年に制作されたイギリス映画「真珠の耳飾の少女」に、アトリエでカメラ・オブスクラを使っている場面が出てきました。フェルメールが絵画制作にカメラ・オブスクラを利用したかどうかは不明のようですが、実際のところはどうだったのでしょうか。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-06-09 22:31 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(2)

激写 銀座 Pinhole Photography


f0117059_19384621.jpg

今日の写真「激写」は、2年前に銀座の歩行者天国で撮ったピンホール写真 / 針穴写真です。モデルの男性はアメリカ人のプロの写真家で、毎月第2土曜日に行われる「きものde銀座」に集まってきた着物姿の人たちを撮っているところです。

この写真は、昨日まで四谷のギャラリー"Roonee24Photography"で開催された、"hari-ana 2007"という写真展で展示しました。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-06-04 19:51 | ピンホール写真館(国内) | Comments(0)

モンマルトルの女 パリ Pinhole Photography


f0117059_21125040.jpg

今日の写真は、今年の1月にパリのモンマルトルを訪れた時に撮影したピンホール写真 / 針穴写真、「モンマルトルの女」です。この写真を撮った時の経緯については、1月9日の記事「ピンホール写真の撮影(2)-モンマルトルの猫」で書きましたので、よろしかったらお読みください。

この写真は、「日本フォトコンテスト」2007年6月号の、「スローフォトのすすめ もっと気軽にピンホール写真を撮ろう」という特集の中で紹介していただきました。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-05-24 21:26 | ピンホール写真館(海外) | Comments(0)

三社祭 と ローテンブルクの幸せなカップル ドイツ Pinhole Photography


f0117059_23322684.jpg

浅草神社の三社祭、2日目の今日、撮影に行ってきました。氏子44町の神輿約100基が続々と街に繰り出します。担ぎ手の人たちは、気合は十分ですが殺気立つことはなく、穏やかな雰囲気で楽しそうに練り歩いていました。声をかけると快く撮影に応じていただけました。

今日の写真は、4月29日の世界ピンホール写真デー(Worldwide Pinhole Photography Day)に、ドイツのローテンブルクで撮影した作品です。ブルク公園を歩いていると、結婚式を終えたばかりのカップルが、親戚や友人たちと記念撮影をしていました。私も仲間に入れてもらって撮影したこの写真は、WPPDのウェッブギャラリーにアップするつもりです。撮影からまだ20日目の新鮮なピンホール写真をブログで公開するのは、今回が初めてのことです。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-05-19 23:57 | ピンホール写真館(海外) | Comments(1)

hari-ana 2007 - 5月29日-6月3日 ルーニイ


f0117059_19284654.jpg

5月29日(火)から6月3日(日)まで、四谷にあるフォトギャラリー"Roonee247Photography"で、一般公募写真展 hari-ana 2007 が開催されます。これは、世界ピンホール写真デー(4月の第4日曜日)関連行事として、ルーニイが毎年開催しているものです。

私も参加することにして、今日四つ切りのプリント3枚を持って申し込んできました。1点はこのブログでもすでに公開している「天使の微笑」という作品ですが、パソコンの画面で見るのと印画紙のプリントで見るのでは印象が違うと思います。期間中、もしお近くに出かけられる予定の方がいらっしゃいましたら、是非お立ち寄りください。

このブログ内で公開されているピンホール写真(針穴写真)につきましては、
ピンホール写真館(海外)ピンホール写真館(国内) でご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-05-13 19:29 | ピンホール写真展示記録 | Comments(0)

秋のクライド川 スコットランド Pinhole Photography


f0117059_2202711.jpg

ドイツで撮影したフィルム31本の現像が終わり、今は依頼したコンタクトプリントが仕上がってくるのを待っています。今回の旅行では、訪れた町で出会った人に撮影をお願いする機会が多くありました。ドナウヴェルトでは、一休みしようと入った小さなパン屋さんに集まってきた子どもたち。ネルトリンゲンでは、情報誌を配達している母娘や黄色い自転車に乗った郵便配達の男性。ローテンブルクでは、結婚式を挙げたばかりのカップルや路地裏でたむろしている中学生。ニュルンブルクでは、日本に友達がいるという男性や親がやっている店の前を箒で掃いている少年。ゴスラーでは、黒犬に黒猫(これは人ではありませんね)。他にも消防士や大道芸人など、何人かの人に撮影させていただきました。旅先での人との出会いは、旅の最大の楽しみの1つです。

今日の写真は、昨年の10月に訪れたスコットランドで撮影したピンホール写真 / 針穴写真です。世界遺産に指定されているニューラナークという村を流れている川で、かつて画家のターナーが描いた風景を見ることができます。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-05-11 22:42 | ピンホール写真館(海外) | Comments(2)

ネルトリンゲンの木組の家 - ドイツ撮影旅行


f0117059_19523180.jpg

この連休を利用して、ドイツへ撮影旅行に行ってきました。滞在期間中はずっと快晴で、特に前半は昼間の気温が27度ぐらいまで上がって夏のような暑さでした。ピンホールカメラ2台と、先日購入したばかりのコンパクトデジカメ、Caplio GX100を持って行きました。ピンホール写真は、フジのプロ800というブローニーフィルムで31本撮ってきました。

今日の写真は、巨大隕石の落下によってできたリース盆地の真ん中にある、ネルトリンゲンという小さな町の木組みの家です。背後に見える壁は、町の中心を囲んでいる城壁で、城壁の上を歩いて一周することができます。今日の写真は、Caplio GX100で撮りました。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-05-06 20:19 | ピンホール写真撮影記録 | Comments(2)

描く女 横浜吉田町通りアート&ジャズフェスティバル Pinhole Photography


f0117059_201959100.jpg

昨日からの強風で、花粉が大量に飛びまくっているようです。花粉症とのお付き合いも20年以上になりますが、出来れば早くお別れしたいものです。

昨日と今日の2日間、今年で33回目となる野毛大道芸と同じ日程で、第8回ヨコハマ吉田町通りアート&ジャズフェスティバルが行われました。250メートルの吉田町通り商店街には、ギャラリーや画材店などが多くあります。この通りで屋外ジャズ演奏が行われたり、アート作品が展示販売されており、毎年楽しみにしています。

今日の作品「描く女」は、昨年のフェスティバルで撮ったものです。フェイス・ペインティングをしている女性の、真剣な表情に惹かれて撮りました。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-04-22 20:55 | ピンホール写真館(国内) | Comments(1)

かわいく撮ってね! 水原 韓国


f0117059_20552631.jpg

4月8日の日曜日は、横浜山手地区で撮影、桜も大分散りましたが、満開の時よりもいい写真が撮れるような気がします。この日はキリスト教の復活祭、山手の教会には大勢の人が集まっていました。

今日の写真は、2002年の3月に韓国の水原で撮影した「かわいく撮ってね!」です。水原は城壁に囲まれた町全体が世界遺産に指定されています。城壁に沿って歩いていると、小学校の正門を出るとすぐのところにある芝生の上で、低学年の女の子たちが楽しそうに遊んでいました。

2年前の4月、ピンホールカメラを手にするまでは、M型ライカにモノクロフィルムを入れてスナップ写真を撮っていました。いつかまた暗室作業をやってみたいと思います。モノクロフィルム(もちろんカラーも)や暗室用品がいつまでもあるように願っています。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-04-13 20:56 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(0)

犬の水中散歩 多摩川 東京都青梅市 Pinhole Photography


f0117059_2105549.jpg

4月1日の日曜日は、新宿御苑で開かれたピンホール撮影会に参加しました。9時過ぎに地下鉄丸の内線の新宿御苑駅に到着。ホームでインドネシア人のお医者さんに新宿御苑の行き方を聞かれ、苑内を一緒に歩いて花見を楽しみました。

今日の写真は、2006年の3月21日に青梅市の多摩川で撮影した「水中散歩」です。青梅には3回撮影に行きましたが、犬の散歩をしている人には出会っても、猫の姿は1度も見たことがありません。青梅に猫はいるのだろうか、教えてくれる人はいませんか?

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-04-07 21:13 | ピンホール写真館(国内) | Comments(3)

天使の微笑 アコーディオン弾きの少年 ベルリン博物館島 Pinhole Photography


f0117059_20444628.jpg

3月18日には横浜の元町から山手にかけて、3月21日には久し振りに江ノ島方面に撮影に行ってきました。2日でフィルム3本の撮影、もっと撮らなければ。

今日の写真は、2006年の7月にベルリンの博物館島で撮った「天使の微笑」です。猛暑のベルリンを歩いていると、1人でアコーディオンを弾いている幼い少年に出会い、写真を撮らせてもらいました。恥ずかしがって顔を隠したりしていたのですが、慣れてくると三脚を興味深そうに触ったりしていました。

日本カメラの4月号の講評で、「この写真は虹色のフレアーがちょうどアコーディオンから音楽のように滲み出している」と書いていただきました。逆光での撮影ですが、もし少年が帽子を被っていなかったら、フレアーが顔にかかってしまったかもしれません。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-03-30 21:07 | ピンホール写真館(海外) | Comments(6)

パリで出会ったオーストリアのカップル


f0117059_19453353.jpg

今日の写真は、2004年の夏にパリはモンマルトルにあるカフェ、レ・ドゥー・ムーランで出会ったオーストリア人のカップルです。このカフェは、映画「アメリ」の舞台になったことで有名になり、地元の人だけでなく、多くの観光客で賑わっていました。

ピンホールカメラで写真を撮り始めたのは、2005年の4月です。それ以前は、主にライカM6とライカMPを使って撮影していました。今日の写真は、ライカMP(レンズはズミクロン50ミリ)で撮りました。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-03-23 20:09 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(2)

笑顔 ウィーンにて オーストリア


f0117059_2247217.jpg

このブログで昨年の11月、2005年の夏にウィーンのケルントナー通りで撮ったピンホール写真を2枚紹介しました。今日の写真は、同じ時にライカMP(レンズはズミクロン50ミリ)で撮った「笑顔」です。

ウィーン旧市街の中心、オペラ座とシュテファン寺院を結ぶケルントナー通りでは、あちこちでストリート・パフォーマンスが見られます。手前の女の子の笑顔を逃すまいと思ってシャッターを切ったため、ピンボケ写真になってしまいました。

にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 写真家へ  にほんブログ村 写真ブログ ピンホールカメラへ  
[PR]
# by pinholephoto | 2007-03-16 23:03 | 日常その他(旅、美術 etc.) | Comments(4)
line

近所から海外まで、旅と日常の記録を綴る阪口智聡のブログです。ピンホール写真 / 針穴写真などもあります。個展「記憶の町 那覇 2016」「記憶の町 青梅 2011」「時の旋律 2010」「記憶の空間 2007」


by pinholephoto
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30